주요 기사 바로가기

LNG運搬船発注集中したが…韓国の造船業、下半期は壮語できない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.24 08:29
0
韓国造船大手3社が上半期に世界の液化天然ガス(LNG)運搬船受注戦で好実績を記録したが下半期は壮語できないという見通しが出ている。船種集中現象と中小造船所の没落により全般的な競争力低下が懸念されるためだ。

英国の造船海運分析会社クラークソンリサーチが23日に出した分析資料によると、韓国の造船業界は先月だけで世界の船舶発注量106万CGT(標準貨物船換算トン数・34隻)のうち64万CGT(16隻)を受注した。60%に相当するシェアで、27万CGT(8隻)の受注にとどまった中国を引き離し1位に上がった。1~5月に韓国の造船業界は72億6000万ドル相当の新規受注を記録した。世界の発注量の26.5%に達する。

韓国造船業界の受注戦での善戦は船主のLNG運搬船発注量が維持されたおかげだ。5カ月間に世界のLNG運搬船発注量は181万CGT(21隻)で前年の182万CGT(21隻)と同水準だった。

韓国造船業の受注現況がLNG運搬船にばかり集まっているという指摘が内外から出ている。今年に入り韓国の造船大手3社のうちコンテナ船を受注したところはない。現代(ヒョンデ)重工業と大宇(デウ)造船海洋がそれぞれLNG運搬船5隻を、サムスン重工業がLNG運搬船8隻を受注するなどLNG運搬船への集中現象が激しくなっている。

造船業界関係者は「LNG運搬船の場合、昨年のように今年も好況だが中国で多く受注するばら積み船(固体貨物船)やタンカー(液体貨物船)などは発注量そのものが大きく減ったため」と説明した。

最も大きく減った船種は超大型原油運搬船(VLCC)で、今年の発注量は43万CGT(10隻)にとどまった。昨年の160万CGTと比較して73%減った。ばら積み船発注も92万CGT(27隻)にとどまり、昨年の188万CGTと比べ半分水準を記録した。1万 2000TEU(1TEU=20フィートコンテナ1個)以上のコンテナ船発注量もやはり前年同期の90万CGT(16隻)の3分の2水準である57万CGT(10隻)にすぎなかった。

LNG運搬船への受注偏り現象は業績績悪化につながっている。LNG運搬船以外に多様な船舶製造技術を保有している現代重工業の場合、今年25億ドル相当の船舶を受注し目標である159億ドルの5分の1にも満たずにいる。

同関係者は「昨年と比べLNG運搬船を除いた他の船舶の発注量が低調なのは事実だが、これは昨年急激に増えた発注量のため今年一種のベース効果を見せているもの。ドイツなど世界で2万TEU級大型コンテナ船発注議論が出ているなど大きく懸念するほどの水準ではない」と説明した。

造船海洋プラント協会関係者は「実際に受注船種の偏り現象に対し造船業界内部に懸念がある状況。LNG船種に重点を置いているのは事実だが韓国の造船業界の特性上、ばら積み船やタンカーなどは高い収益を期待できない状況」と話す。

中小造船会社の没落がLNG運搬船集中現象をあおったという指摘も出ている。産業研究院のホン・ソンイン選任研究委員は「世界発注量をしっかりと受注し建造する所は大手3社とそのグループに属している現代尾浦(ミポ)造船、現代三湖(サムホ)造船程度だけで他の所は受注もまともにできなくなっているのが実情。中型級以下の造船会社が正常に操業できなくなっているため大手3社が主力とするLNG運搬船以外の船種の受注が落ち込む現象が繰り返されている」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    LNG運搬船発注集中したが…韓国の造船業、下半期は壮語できない

    2019.06.24 08:29
    뉴스 메뉴 보기
    大宇造船海洋が世界で初めて建造した砕氷LNG運搬船が氷を割りながら航行している。(写真=大宇造船海洋)
    TOP