주요 기사 바로가기

北東アジアの「スーパー外交ウィーク」習近平氏の訪朝から幕開け…韓日首脳会談は実現できるだろうか(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.06.19 10:36
0
習主席はG20でトランプ大統領との談判に出る。華為・関税などのすでに存在する葛藤要素に北朝鮮まで加えられた。北朝鮮変数が登場する前から米中両側はG20を本舞台に相手に対する圧力の度合いを強めてきた。習主席は金委員長との会談結果を詳細に明らかにしないまま、トランプ大統領との会談でレバレッジとして使うという専門家の見方が多い。国立外交院のキム・ヒョヌク教授は「習主席の訪朝で北朝鮮は米中葛藤のもう一つの戦線として登場した」として「北核外交舞台を一人占めしたい米国が中国という折り合いの悪い新しい変数を迎えた」と話した。

G20でトランプ大統領と習主席の談判結果は韓国にも直接的影響を与える。トランプ大統領の訪韓プレゼントに含まれる内容はG20米中首脳会談の結果とも直結しているためだ。トランプ大統領の訪韓は現在ではG20直後が有力視されている。G20で米中首脳が満足な結果を出せない場合、トランプ大統領は韓国政府に中国けん制にさらに積極的に出てほしいと圧迫する可能性を排除することはできない。華為紛争から米国のインド・太平洋戦略に至るまで、米国政府は分野別に度合いを別にしているだけで韓国に同盟としての役割と責任を求めている。トランプ大統領が文大統領に直接的に要求する可能性をめぐり外交安保ラインは緊張している。

G20は韓国政府にとってもう一つの理由で不都合だ。開催国である日本の安倍晋三首相との首脳会談が実現できない可能性もあるからだ。日本の外交消息筋は中央日報に「韓国政府から韓日首脳会談を希望するという要請は受けた」としつつも「まだ開催するかどうかは未定」と話した。日本メディアの一部で晩餐の中で略式で進める方針が協議されたが、これに対してもこの消息筋は「小説だ。まだ何も決まったことはない」と話した。韓国外交部当局者も18日、記者会見で「何も決定されていない」と話した。G20のような大規模の首脳外交行事で開催10日前まで日程が決まっていないのは異例的だ。

北東アジアのスーパー外交ウィークでは首脳レベルだけでなく実務レベルでも忙しい。スティーブン・ビーガン代表は18~21日ワシントンで、来週にはソウルで李度勲(イ・ドフン)外交部韓半島平和交渉本部長と会談する。ビーガン代表が来週、訪韓を機に北朝鮮側と実務接触をするかも注目される。文大統領も15日(現地時間)、スウェーデン国賓訪問中にステファン・ロベーン首相との首脳会談後の記者会見で「米朝間具体的交渉の進展のためには事前に実務交渉が開かれる必要があると見ている」と述べ、実務接触を促した。
北東アジアの「スーパー外交ウィーク」習近平氏の訪朝から幕開け…韓日首脳会談は実現できるだろうか(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北東アジアの「スーパー外交ウィーク」習近平氏の訪朝から幕開け…韓日首脳会談は実現できるだろうか(2)

    2019.06.19 10:36
    뉴스 메뉴 보기
    2017年にG20首脳会議出席のためドイツを訪問中の文在寅大統領が7日午前(現地時間)、ハムブルクの会談会場内のメッセホール両者会談場で安倍晋三首相と韓日首脳会談を前に挨拶を交わしている。(写真=青瓦台写真記者団
    TOP