주요 기사 바로가기

「3級機密の韓米首脳間電話会談議事録、大使館職員数人が回して見た」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.24 10:55
0
5・7韓米首脳の電話会談内容流出事件が駐米大使館全般のセキュリティー問題に飛び火している。「流出当事者であるK氏の他に数人が3級秘密の全文を回して見た」という外交部一部の監察結果が公開されたからだ。事態の震源である駐米大使館は23日、韓米同盟の外交に波紋が広がるかを戦々恐々とした。合同監察の焦点がK氏と高校先輩であるカン・ヒョサン議員への流出から駐米大使館の業務全般に拡大する可能性もあるためだ。

外交部と現地消息筋によると、韓米両首脳は現地時間7日35分間電話会談を行い、内容は趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使に共有された。外交部本部で暗号化した外交通信システムを通じて3級秘密の全文で送ったものだ。該当専門の受信者は駐米大使に指定された。問題は大使館で趙大使以外に他の外交官らがこの全文を閲覧する過程だ。大統領令である保安管理規定に従い、業務関連性のある閲覧権者のみに閲覧が行われたかどうかだ。流出者である3級外交官K氏も米議会担当で8日該当全文を閲覧した後、カン議員と2度にわたってカカオトークを通した通話の過程で内容を流出したと伝えられた。

駐米大使館側は「現在、本部で監察中である事項に関連して大使館はいかなる立場も明らかにすることはできない」と公式立場の公表を断った。流出者であるK氏は先週、監察が始まると業務から排除された。ただし、首脳間電話会談を含んで秘密の外交全文を関連大使館の外交官らが閲覧すること自体が問題ではないという反論も強い。ある関係者は「外交全文はたいてい大使を受信者にする」として「専決・委任規定により業務関連職員の全文を送信・受信し、閲覧するのは日常業務」と説明した。彼は「むしろ駐米大使館のセキュリティー問題が浮き彫りとなり、韓米同盟外交に波紋が広がるか懸念される」と話した。

米国政府が北核交渉の過程でセキュリティーを強調した中で問題が拡大する場合、両国関係の信頼に影響を及ぼしかねないということだ。直ちに6月末トランプ大統領の訪韓日程と議題調整を行っている中で疎通が難しくなる可能性がある。趙潤済駐米大使はこれについて職員に「トランプ大統領の訪韓準備など揺れずに引き受けた任務を全うしてほしい」と呼びかけたという。

駐米大使館は外交部監察に続き、来週から2週間監査院の定期監査を受ける。監査院監査でもセキュリティー問題が俎上に載せられるのは避けられない。職員からは「首脳間電話会談流出事件で今後、外交全文の閲覧が厳格に制限されれば、ホワイトハウス・国務省はもちろん米国の官民各分野と疎通が難しくなるしかないだろう」という声も出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP