주요 기사 바로가기

日本「仲裁委員会」速やかに開催を…韓国拒絶時にはICJへの提訴も検討

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.05.21 08:32
0
日本政府が強制徴用判決と関連し韓国政府に仲裁委員会の開催を公式に要請した中で23日に開かれる韓日外相会談で早期開催を要請するものと伝えられた。NHKは21日、日本の河野太郎外相が23日にも外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官と会談し、(仲裁委員会)開催に向けた手続きに速やかに入るよう求める考えだと伝えた。

両長官はフランスのパリで22日から2日間にわたり開かれる経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会に参加し会談する予定だ。河野外相は20日の参議院決算委員会で、「この問題(強制徴用被害補償)に関しては国交正常化以来、両国の間の法的基盤を根本から損なうことになってしまうもので、この問題だけはしっかりと韓国政府に対応していただく必要がある」と話した。

これに先立ち20日に日本政府は1965年の韓日請求権協定で規定している紛争解決手続きである「第三国の委員を含んだ仲裁委員会」の開催を韓国政府に要請した。仲裁委員会は韓日両国政府が1人ずつ任命する委員と第三国の委員を合わせ3人で構成することになっている。日本側は仲裁委員会開催要請と同時に委員を任命した。だが仲裁委員会は韓国側の同意がなければ開くことはできない。

日本側の要請に対し韓国外交部は「諸般要素を考慮して慎重に検討していく予定」とだけ明らかにした。これまで韓国政府は二国間協議だけでなく仲裁委員会開催を受け入れる場合、国際問題に飛び火する恐れがあるとして慎重な姿勢を見せてきた。

毎日新聞によると、韓国は韓日請求権協定により仲裁委員会開催に応じるかどうかを日本側の要請を受けてから30日以内(6月18日まで)に通知しなければならない。日本政府は韓国政府が応じない場合、国際司法裁判所(ICJ)への提訴も検討していると伝えられた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本「仲裁委員会」速やかに開催を…韓国拒絶時にはICJへの提訴も検討

    2019.05.21 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    日本の河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)長官
    TOP