주요 기사 바로가기

大学生団体「韓日慰安婦合意文書の非公開正当判決を糾弾」

ⓒ 中央日報日本語版2019.04.24 13:05
0
日本軍慰安婦問題解決のための大学生団体「平和蝶ネットワーク」は24日、「韓日の日本軍慰安婦問題合意外交文書の非公開が正当だと判決した司法府を糾弾する」と明らかにした。

同団体はソウル中区(チュング)にある平和の少女像前で記者会見を開き、「国民の知る権利よりも韓日両国間の外交関係が重要だという裁判所の判断を容認することはできず、これは被害者を欺瞞する行為」と批判した。

また「日本軍性奴隷問題を判決する過程で最も重要な原則は、人間の尊厳性と国民の人権保護に対する国の責務」とし「このような非常識な判断が出てきたことは司法府内に積弊清算が持続して必要だということを示している」と主張した。

これに先立ち18日、ソウル高裁は1審を覆して韓国と日本の間で発表された「慰安婦合意」に関する交渉文書を非公開としたのは正当だとする判決を下した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP