주요 기사 바로가기

「同性愛を正当化できるか」 OECD5.1点・日本4.8点・韓国2点

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.04.01 13:21
0
韓国社会は同性愛受容度が低く、性少数者の差別が懸念されると指摘された。

1日、経済協力開発機構(OECD)の「図表で見る社会 2019」(Society at a Glance 2019)によると、2001~2014年の韓国の同性愛受容度は10点満点中2.8点で、OECD加盟国36カ国中で4番目に低かった。韓国より同性愛者受容度が低い国はトルコ(1.6点)、リトアニア(2.0点)、ラトビア(2.4点)で、エストニア(2.8点)は韓国と同点だった。

このようなランキングは1981~2000年当時の2.0点からやや改善されたものの、依然として下位圏にとどまっている。韓国より低いか同じのトルコや旧ソビエト連邦所属だったバルト三国(エストニア・リトアニア・ラトビア)の場合、OECD加盟国の中でも保守的な国々だ。

同性愛受容度は「同性愛が正当化することができると考えるか」という質問に対して1~10の点数で回答させた後に換算した数値だ。OECD平均は5.1点で、韓国より2点以上高かった。アジア国家の日本の場合は4.8点、米国とカナダはそれぞれ5.0点、5.7点だった。最も受容度が高い国にはアイスランド(8.3点)が挙げられた。

OECDは「韓国は同性愛受容度の面でOECD平均を下回っている」とし「同性愛受容度が低いということは性少数者(LGBT)を差別の危険に追い込みかねないという意味」と指摘した。また、今年1月を基準としてOECD加盟国のうち20カ国では同性結婚が合法化されているが、韓国では同性結婚が法的に認められていないと付け加えた。

OECDは、性少数者や彼らの前で当面する不利益を国家統計として視角化することが彼らを包容するための先決課題だとし、韓国に性的アイデンティティ関連の情報を収集するよう勧告した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP