주요 기사 바로가기

ホワイトハウス「韓米同盟はリンチピン」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2019.03.30 09:22
0
韓米首脳会談が4月10、11日(現地時間)に米ワシントンで開催される。2月27、28日にベトナム・ハノイで開催された2回目の米朝首脳会談の決裂から40日ぶりだ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の首脳会談は今回が7回目となる。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官は29日の会見で「文大統領夫妻がトランプ大統領夫妻の招請で来月10-11日にワシントンを訪問する」と明らかにした。続いて「両国首脳は韓米同盟関係をさらに強化し、完全な非核化を通じた韓半島(朝鮮半島)平和体制を構築するため、両国間の協調案を深く協議する予定」と説明した。

ホワイトハウスもこの日の声明で「トランプ大統領とメラニア夫人がホワイトハウスで文大統領と金正淑(キム・ジョンスク)夫人を歓迎する」とし「今回の会談では韓米の懸案だけでなく、北朝鮮と関連する最近の懸案についても議論する予定」と明らかにした。

ホワイトハウスは特に「韓米同盟は韓半島とその地域の平和と安全のリンチピン(linchpin、核心軸)として残っている」とし「今回の訪問は韓米同盟と両国間の友情を強化することになるだろう」と伝えた。

米国は強固な韓米同盟を象徴する用語として「リンチピン」という表現をよく使っていたが、トランプ政権に入ってからはほとんど使われていなかった。このため今回「リンチピン」という言葉を使ったのは、最近の韓米関係をめぐって提起されている「異常気流説」を払拭させる意図があると解釈される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP