주요 기사 바로가기

「BIGBANGのV.Iのカカオトーク被害者は20代初め、助けてくれと哀願」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.13 13:05
0
BIGBANG(ビッグバン)出身のV.I(韓国活動名スンリ、本名イ・スンヒョン、29)の性接待疑惑を提起したSBS(ソウル放送)funEのカン・ギョンユン記者がV.Iとチョン・ジュンヨン(30)のスマホメッセンジャーアプリ「カカオトーク」のグループトークルームで行われた違法撮影(盗撮)流布の被害者に会ったことを明らかにした。

カン記者は12日、公開されたソーシャル動画メディア「ビデオ・マグ」のインタビューで「ある有名男性芸能人が女性達と一夜を過ごした後、性関係を違法に撮影しグループトークで流布するという話を2年前から聞いてきた。偶然カカオトークを見た女性芸能人の証言も受けた」とし、「最近ある取材源からそれに関するカカオトークの内容の一部を確保し、これまで取材した部分が明らかになった」と報道した背景を説明した。

カン記者は「被害者は20代初めの幼い女子大生や新人芸能人だった」とし、「盗撮の中に出てきた被害者に会ってみると彼女達は本人が隠しカメラで盗撮され、またそれがあるグループトークで自分が顔も知らない人々の間で共有されているという事実さえも知らなかった」と伝えた。

被害者はカン記者に会って自身の被害事実を知った。カン記者は「(被害者が)『どうしたらいいか分からず怖い』と言った。私に『助けて欲しい。どうやって生きて行けばいいのか』と哀願する人達もいた」とし、「羞恥心にとても腹を立てていたが『女として盗撮被害者という烙印に一生どうしたら耐えられるか分からない』と言って強硬対応を敬遠する姿も見られた」と伝えた。被害者が感じた怒りの水準は「隣にいたら1発どうにかしてやりたいほど」だが身元が明らかになることを恐れているとも付け加えた。

カン記者がカカオトークのやり取りを見て最も衝撃受けた部分はこれらの男性芸能人の態度だった。

カン記者は「彼らは20代初めのとても幼い女子大生あるいは新人芸能人を飲み会に招き一夜の相手として一晩過ごし、盗撮までして流布した」と話した。また、「テレビに出ていた新人芸能人に言及し『飲み会に連れてこい』、『お前達の所属事務所の可愛い歌手、次の飲み会に連れて来い』というように話し女性を性的道具化する姿を発見した」と付け加えた。

また、盗撮が偶発的または交際中に合意の下で行われたものでなく撮影と流布を遊戯の対象、ゲームのように悪用する姿に大きな衝撃を受けたとも話した。

また、「チョン・ジュンヨンの盗撮報道でバーニング・サン事件がごまかされるのではないか」という一部の意見についてはひとまず「バーニング・サン事件の核心は麻薬問題と女性に対する盗撮、脱税、警察癒着などであるため当然このような面について取材が行われなければならない」と強調した。その一方で「この男性芸能人の盗撮問題も女性を性的道具化する歪んだ性意識、また、更には歪んだ芸能権力が作り出した韓国社会の本当に大きな問題点を含蓄的に見せる事例であるためこれも明らかに私達が深刻に考えなければならない」と答えた。

カン記者は先月V.Iの性接待疑惑を報じることになった理由についても明かした。カン記者は「2015年12月に『スンツビー』という名前で『ギャツビー・パーティー』というきわめて豪華なパーティーを開いて海外の財力家を招き、非常に派手な接待の席を設けたという事実を知った」とし、「そのようなことが結びついてこのようなパーティーが単純にパーティーに終わらず本人の事業に利用する1つの装置だと判断した。また、私が確認したカカオトークでそのような性接待を疑うほどの状況が見られたため疑惑を提起することになった」と説明した。

V.Iのファンから受ける抗議については「V.Iを大切に思い好きな気持ちから私に抗議することについては十分に理解する。また、一方ではこれが韓国社会に厳然に存在する社会問題で犯罪被害者も存在する。被害者の苦しみは続くということをその方達が一度くらい考慮して下さったら良いと思う」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「BIGBANGのV.Iのカカオトーク被害者は20代初め、助けてくれと哀願」

    2019.03.13 13:05
    뉴스 메뉴 보기
    歌手チョン・ジュンヨン、V.I
    TOP