주요 기사 바로가기

【社説】衝撃的な「バーニング・サン」事態、韓国芸能界の自浄転機にするべき

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.13 10:38
0
アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のメンバーであるV.I(ヴィアイ)が社内理事だったソウル江南(カンナム)のクラブ「バーニング・サン」事態が日増しに拡大している。スマートフォンアプリ「カカオトーク」のチャット内容を通じて海外投資者性接待容疑がもたれているV.Iは10日に立件された。11日には歌手でタレントのチョン・ジュニョンがV.Iとのグループチャットルームに性行為の違法撮影映像をシェアしていたことが暴露されて警察が捜査に着手した。3カ月前、クラブ内の暴行事件とこれに対する警察との癒着論争から始まった事態が、V.Iの性接待関与、チョン・ジュニョンの違法撮影物シェア捜査などへ拡大している。メガトン級の芸能スキャンダルに広まる可能性も見える。大衆の衝撃と怒りは大きい。彼らがグループチャットルームで女性をモノ扱いするようにやり取りしたチャット内容はいっそ信じたくないほどだ。

世界的に人気の高いBIGBANGの末っ子であるV.Iは、事業家に変身して「グレート・ギャツビー」をもじった「偉大なスンツビー」というニックネームで人気を博してきた。テレビのリアリティ番組や芸能メディアを通じて情熱の事業家、太っ腹の大金持ちとして紹介された。若年層の羨望を受けてロールモデルになったりもした。その「偉大なスンツビー」の実体が最上流層を対象にした享楽産業、それも麻薬類の流通、性犯罪に関わるブラックビジネスだったことが明らかになっっている。バーニング・サンの中で女性顧客に俗称「ムルポン(デートレイプドラッグ)」をこっそりと飲ませて性暴行する行為が組織的に行われていたという証言が出ている。

V.Iは一昨日、インスタグラムにコメントを載せて引退を宣言した。「社会的物議をかもした事案があまりにも大きく、芸能界の引退を決心した。国民の逆賊として追い込まれようとしているところにYGとBIGBANGの名誉のためにも私はここまでのようだ」という要旨だ。しかし、自分の過ちに対しては謝罪や反省のメッセージがなくひんしゅくを買った。「引退ではなく退出が正しい」「一時ファンだったことが恥ずかしい」などの怒りのコメントが書き込まれた。当初V.Iのチャット内容はねつ造されたものだと反論していた所属事務所YGエンターテインメントにも火の粉が飛んだ。株価まで揺れた。国内状況がリアルタイムに伝播する海外ファンの衝撃も大きい。薬物とセックスに耽溺する西欧のアーティストとは違い、道徳的な清浄さを掲げた韓流そのもののイメージ損傷も小さくないことが懸念される。

V.Iのグループチャットルームにシェアされたチョン・ジュニョンの違法撮影物の流布はさらに衝撃的だ。約10人の女性が被害を受けたというから、明明白白に暴かなければならない。チョン・ジュニョンは過去にも類似の違法撮影容疑を受けたがうやむやになっていた。あわせて名前が挙がっている別の芸能人に対しても、一点の疑惑なく捜査をしなければならない。韓国で人気芸能人・スターは単なる有名人を超えて社会的影響力が強く、特に青少年層に莫大な影響力を及ぼす集団だ。国内外の人気と途方もない富を手にするだけに、それについてくる社会的役割も自覚して然るべきだ。各種物議をかもした芸能人が視聴率のために知らない間にカムバックして道徳的免罪符を乱発することも中断されるべきだ。今回のV.Iスキャンダルは昨年有名芸能人に対する『#MeToo(ハッシュタグミートゥー)』暴露事件と同じくらい大衆に衝撃と裏切りをもたらした。厳正な捜査と芸能界の痛恨の自省を求めたい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP