주요 기사 바로가기

韓国単独で「乙支太極演習」…全面戦争対応訓練は除外か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.07 09:42
0
毎年8月に韓米の軍当局と政府が合同で実施する乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)演習が終了し、代わりに韓国単独の「乙支太極演習」が実施される。3-4月に実施してきたトクスリ(FE)訓練とキー・リゾルブ(KR)演習に続いてUFGも終わり、3大韓米連合軍事訓練がすべて廃止された。

政府関係者は7日、「官・民・軍が参加する新しい形の『乙支太極演習』が5月27日から30日まで4日間行われる計画」と述べた。乙支太極演習は、政府レベルで戦時・災難状況に対応する訓練の乙支演習と韓国軍単独でコンピューターシミュレーションをする指揮所演習(CPX)の太極演習を統合した訓練。

今年から始める乙支太極演習は、北朝鮮の武力攻撃を撃退する作戦遂行能力を点検するだけでなく、テロ・災難が発生した場合に被害を復旧する内容も含む。しかしキー・リゾルブ演習や乙支フリーダムガーディアン演習のように北朝鮮との全面戦争状況を仮定した訓練になるかどうかは不透明だ。専門家が懸念している点だ。

キム・ジンヒョン元合同参謀本部戦略部長は「米朝首脳会談で成果を得られなかった北を刺激しないよう、乙支太極演習では全面戦争状況を除外すると予想している」と述べた。続いて「その場合、乙支太極演習は北の制限的局地挑発や特殊部隊の後方浸透などの状況に対処する訓練だけをする」とし「乙支フリーダムガーディアン演習は政府が戦時状況でどう行動すべきかを準備する機会だが、乙支太極演習に変わればそのような訓練もなくなるだろう」と話した。

韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ分析官は「我々の作戦計画は基本的に韓米連合戦力を基礎としている。韓国軍単独の訓練にどれほど実効性あるのかは分からない」とし「乙支太極演習の結果を連合作戦計画に反映するのも容易でない」と指摘した。

韓国軍単独で充実した訓練ができるのかという憂慮もある。軍情報筋は「韓国軍も米軍のようにコンピューターのウォーゲームシステムを構築したが、システムの処理容量が少なく問題が多かった」とし「数年前まで指揮所演習中に過負荷のためにシステムが停止し、訓練を中断しなければいけない状況が多かった」と伝えた。現在、韓国軍のウォーゲームシステムはアップグレードを経てシステム過負荷問題はかなり改善されたが、依然として不安定というのが軍関係者の評価だ。また韓国軍ウォーゲームシステムは米軍と比べて各種変数の入力が少なく、現実性が相対的に落ちるという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国単独で「乙支太極演習」…全面戦争対応訓練は除外か

    2019.03.07 09:42
    뉴스 메뉴 보기
    合同参謀本部JWSC(合同戦争遂行模擬本部)技術統制室で要員がウォーゲームモデルのシステム運用をモニタリングしている。(写真=合同参謀本部)
    TOP