주요 기사 바로가기

【コラム】愛煙家の金正恩委員長

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.03.05 11:13
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は愛煙家のようだ。ベトナムのハノイに向かう途中、中国の南寧駅で降りて喫煙し、妹の金与正(キム・ヨジョン)が灰皿を持つ場面が印象的だった。金委員長は普段から現場指導に行って喫煙する姿が朝鮮中央テレビや労働新聞などによく登場する。絶対権力者の喫煙の姿がそのまま北朝鮮住民に伝えられる。北朝鮮のような閉鎖国家で可能なことだ。「最高尊厳」のこうした姿を見ると、たばこは良くないと認識できなくなる。一部の脱北者は「北朝鮮では赤ちゃんがいる部屋で父親が喫煙する」と証言する。たばこの質も低い。住民が愛用するたばこはフィルターが粗悪だったりなかったりする。

北朝鮮の男性の喫煙率(2016年)は37.3%だ。驚くことに女性は0%という。世界保健機関(WHO)北朝鮮編ではこのようになっている。韓国(男性38.1%、女性6%)よりも低い。世界肺がん財団の資料(2014年)によると、北朝鮮の男性の喫煙率は45%、女性は2.5%だ。ともに北朝鮮の報告に基づいて作成している。一部の禁煙専門家は「信頼できない。調査システムも整っていないはず」と言う。北朝鮮も禁煙政策を始めている。WHOの資料を見ると、病院・学校(大学除く)・公共交通などで禁煙だ。禁煙キャンペーン放送をするという。2005年にWHOのたばこ規制基本協約(FCTC)を韓国より1カ月早く批准した。しかし食堂・作業場・事務室禁煙、喫煙過怠金賦課などFCTCの勧告の大半は遵守していない。禁煙補助剤・薬もない。

北朝鮮のたばこの弊害は韓国に比べてはるかに深刻だ。肺がん発生率が世界186カ国のうち12位(韓国38位)、死亡率7位(韓国59位)と高い。期待寿命も男性68歳、女性76歳とかなり低い。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2004年、民情首席秘書官から退いてヒマラヤを登った当時、「私のためにきれいな空気が汚れるのは申し訳ない」として35年間続けた喫煙をやめた。文大統領が喫煙者なら禁煙の雰囲気にマイナスの影響を及ぼしただろう。昨年3月、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が平壌(ピョンヤン)での夕食会で金委員長に禁煙を勧めたことがある。今後、文大統領が金委員長に禁煙を勧めることを望む。金委員長が禁煙すれば、北朝鮮の保健レベルを引き上げることができる。韓半島の未来のためにも望ましい。

和解ムードに乗って南北保健協力が進行している。禁煙補助剤・薬支援、禁煙プログラムや調査方法の移植、情報提供などをできない理由はない。金委員長の口から「私のために人民の健康が悪化するのは申し訳ない」という言葉が出ることを期待する。

シン・ソンシク/福祉専門記者/論説委員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP