주요 기사 바로가기

三・一節に韓国各地で労働者像設置推進…釜山では武力衝突の懸念

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.02.25 07:44
0
三・一運動100周年である3月1日に韓国各地で労働者像設置が推進される。釜山(プサン)の市民団体は日本領事館前に強制徴用労働者像設置を強行する方針で、警察との衝突が懸念される。

積弊清算・社会大改革釜山運動本部は3月1日午前10時に釜山市東区の鄭撥(チョン・バル)将軍銅像前で「強制徴用労働者像とともにする三・一運動100周年釜山市民大会」を開いた後、日本領事館前に労働者像を設置する方針だ。釜山運動本部関係者は25日、「行事の名称そのまま当日の大会に強制徴用労働者像がともにするだろう」と話した。昨年5月に失敗に終わった労働者像の設置を再推進するという意志と解釈される。

主宰側は行事当日に日本領事館前への行進を予告した。警察は現場各地に警官を配置する計画だ。警察は外交機関保護のため領事館周辺の行進を許可しない方針だ。しかし主宰側が裁判所に屋外集会制限通告仮処分申請を出し裁判所がこれを認めれば行進は可能な見通しだ。釜山警察庁関係者は「昨年8月にも裁判所が主宰側が提起した仮処分申請のうち一部を認め日本領事館前に行進した前例がある。今回もそうなると予想し集会場所周辺に兵力を配置する予定だ」と話した。

主宰側が行進とともに日本領事館前の「平和の少女像」の横に労働者像を設置しようと試みる場合、警察との武力衝突が予想される。主宰側は昨年4月30日に労働者像を奇襲的に設置しようとしたが警察に阻止されている。労働者像は日本領事館前の歩道の真ん中に1カ月ほど置かれていたが釜山市東区庁が行政代執行で撤去した。この過程で労働者像の一部が破損した。釜山運動本部は昨年7月に京畿道(キョンギド)に労働者像を移して修理した。現在労働者像は修理を終えているという。

蔚山(ウルサン)でも3月1日に労働者像が設置される。蔚山強制徴用労働者像建設推進委員会は蔚山市南区の蔚山大公園東門前に労働者像を建てると21日に明らかにした。

委員会は昨年9月に民主労総と韓国労総の2大労総をはじめ20余りの団体が中心となり設立された。ノ・オクヒ蔚山市教育長と5つの区・郡の首長も参加している。委員会のペ・ムンソク事務局長は「蔚山が日帝強占期間後に急激な産業化を体験し外部移住民が増え産業発展に力を入れたことで他の地域より歴史的議論が遅れたが、いまでも労働者のルーツを探したい」として労働者像の設置理由を述べた。

強制徴用労働者像1号は朝鮮人労働者が強制的に連行され労役をした日本の丹波マンガン鉱山に2016年8月に建てられた。その後韓国国内でも建設運動が起きた。2017年8月にソウルの竜山(ヨンサン)駅広場をはじめ、仁川(インチョン)の富平(プピョン)公園、済州(チェジュ)の済州港、昌原(チャンウォン)のチョンウ商街に設置された。3月1日に釜山と蔚山に労働者像が設置されれば6カ所に増える。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    三・一節に韓国各地で労働者像設置推進…釜山では武力衝突の懸念

    2019.02.25 07:44
    뉴스 메뉴 보기
    蔚山強制徴用労働者像試案。(写真=中央フォト)
    TOP