주요 기사 바로가기

慰安婦被害者の告別式、西村官房副長官「国際条約上、問題がある」

ⓒ 中央日報日本語版2019.02.01 14:46
0
1日、ソウルにある日本大使館前で慰安婦被害者の故金福童(キム・ボクドン)さんの告別式が開かれたことに対して、西村康稔官房副長官が「ウィーン条約の規定に照らして問題がある」と述べた。

西村氏はこの日午前の定例記者会見で「ソウルの日本大使館前で元慰安婦の告別式が行われるが、日本政府としての受け止めは」と尋ねられ、「告別式については在韓国日本大使館の安寧を妨害、または威厳を侵害するなら、外交関係に関するウィーン条約の規定に照らして問題があると考える」と述べた。

故金福童さんは生前に在韓日本大使館前で毎週水曜日に日本政府の謝罪と賠償を要求する水曜集会に参加してきた。これにより金さんの告別式が在韓日本大使館前で開かれることになった。1日、故金福童さんの霊柩車は在韓日本大使館の前で一時停止し、告別式に参加した市民は日本大使館に向かって「日本は公式謝罪せよ、日本は公式謝罪せよ」などのスローガンを叫び、告別式は約1時間ほど続いた。

西村氏は記者会見で「わが国大使館の安寧が保たれることの重要性については、平素から韓国側に申し入れている」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慰安婦被害者の告別式、西村官房副長官「国際条約上、問題がある」

    2019.02.01 14:46
    뉴스 메뉴 보기
    金福童さんの告別式の様子
    TOP