주요 기사 바로가기

韓国、「0人台合計特殊出生率時代」へ…7-9月期0.95人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.28 16:10
0
韓国の7-9月期の合計特殊出生率が1人を切った。4-6月期に続いて2期連続だ。産声が急激に聞こえなくなり、「0人台合計特殊出生率」が固定化する様相だ。

韓国統計庁が28日に発表した「9月の人口動向」によると、今年7-9月期の合計特殊出生率は0.95人を記録した。1年前と比べて0.1人減った。合計特殊出生率は女性1人が生涯に産むと予想される子どもの数をいう。分期別の合計特殊出生率(以下、出生率)は昨年10-12月期に0.94人を記録して初めて1人を下回り、今年1-3月期に1.07人へと反騰したが、4-6月期(0.97人)から再び1人を切るようになった。

今年全体の出生率も1人に満たない見通しだ。カン・シヌク統計庁長は最近「今年の出生率は1.0未満になるものと予想される」と述べた。出生率は昨年、統計を取り始めた1970年以降、史上最低の1.05人まで落ちた。現在の人口を維持するために必要な出生率は2.1人水準だが、今や半分にも至らない水準だ。経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国の平均1.68人を大きく下回っていることはもちろん、圧倒的な最下位だ。

9月の出生数は2万6100人と集計された。昨年同月比13.3%減となった。前年同月と比較した出生数は2015年11月3.4%増となったのを最後に、34カ月連続で減少した。今年9月までの累積出生数は25万2100人だ。通常、10-12月期に出生数が少ないことを勘案すると今年の全体出生数は30万人をかろうじて超えるものとみられる。年間出生数は昨年(35万7800人)初めて40万人を下回った。出生関連の記録が引き続き「最低」を更新し、韓国の人口減少時点も早まる見通しだ。

統計庁は2016年、将来の人口推計で韓国の総人口減少時点を出産率低位推計(最少人口仮定)を基準として2028年になると公表した。だが最近、出産率低下のペースが予想よりも速まったことを受け、総人口の減少時点が前倒しになる可能性が高いとみている。10年以内に人口が減少するという意味だ。

出産と直結する婚姻も減少している。9月の婚姻件数は1万4300件だったことがわかった。1年前に比べて20.1%急減した。月基準では史上最低の記録だ。統計庁のキム・ジン人口動向課長は「婚姻は申告基準で集計されるが、今年9月に秋夕(チュソク、中秋)が含まれて申告日数が減った影響もある」と説明した。7-9月期の婚姻件数も53万8000件で前年同期比5.6%減となった。

9月の死亡者数は2万2900人を記録した。1年前より1.3%増えた。同月の離婚件数は7800件で前年同月比17%減った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP