주요 기사 바로가기

常軌を逸した青瓦台請願…「世論裁判場」に変質(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.11.13 11:14
0
青瓦台請願掲示板にはあきれた請願も少なくない。5月、青瓦台掲示板にはユーチューバーのヤン・イェウォンさん(24)を相手に秘密撮影をしたスタジオの名前を「合井(ハプチョン)ワンスピクチャー」と特定した暴露性請願が掲載された。1カ月後にワンスピクチャー側が掲示者などを相手に損害賠償請求訴訟を起こしてから該当スタジオが秘密撮影と関係がないという点が明らかになった。この過程で女優スジがこの請願に参加した事実を非難して「スジ死刑」を促す請願文まで掲載されたりもした。俳優イ・グァンスもバラエティ番組で他の出演者を指して「美人局」と話したという理由で死刑請願の対象になった。

その他にも米朝首脳会談が進展しないことに対して「トランプ氏を弾劾しよう」、サッカー選手モハメド・サラーをけがさせたという理由で「レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスを刑事処罰してほしい」、法務部が落胎罪合憲意見を出して「無責任に性交して責任を負わない女性」という表現を使ったという理由で、「パク・サンギ法務部長官の去勢を請願します」など、とんでもない請願文が掲載された。

特定集団に向かった嫌悪発言が含まれた文章もあきれた常連の事例だ。「キリスト教禁止法を制定してください」のような特定宗教人を盲目的に非難する請願から「フェミニスト活動法で禁止してください」「すべての女性政策をなくしてください」「朝鮮族追放」など嫌悪性意見が請願を装った文章も相次ぎ掲載された。

専門家らは評価を離れて青瓦台掲示板の役割がより明確になる必要があると口をそろえる。6日、ソウル大学行政大学院が開催した「国民請願、現状と課題」フォーラムでは請願掲示板に世論を動かし、葛藤をあおる文章などが無差別的に掲載され、削除基準も不透明だという点が指摘された。韓国行政研究院社会統合研究室のチョン・ドンジェ副研究委員は「1年間7万5000件余りを青瓦台が削除した。だが、悪口・卑俗語の文章という基準以外には明確な削除基準がなく、一部の請願者が不信を示したりもする」と話した。1人がツイッターなどSNSアカウントを多数つくって推薦数をねつ造する可能性があるという問題点も挙げられた。実際に、今年初め、カカオトークのアカウント設定を通じて一つのIDで相次ぎ「同意」ボタンを押すことができるという迂回技法が知らされると、青瓦台はカカオトークのIDで接近することを遮断した。チョン副研究委員は「青瓦台国民請願掲示板に対する肯定的な世論が多いが、単なる世論収れんの窓口なのか、権利救済手段なのか、権限と役割を明確に定める必要がある」と強調した。

青瓦台がベンチマーキングした米ホワイトハウスの市民請願サイト「Wethepeople」は請願の最初の段階で▼特定懸案に対する行政府の立場発表を要求▼行政制度の変更提案▼新しい行政制度の提案--などで行政府にできることに限って請願を受けるという点を明示している。その他の懸案に対しては「call on congress」に分類する。

西江(ソガン)大学政治外交学科のイ・ヒョヌ教授は「韓国の政党政治が個人の暮らしとかけ離れれており、法的救済装置は難しく感じられる可能性があるということから請願掲示板の順機能がある」としながらも「副作用や問題点に対しては改善策を議論する必要がある」と話した。
常軌を逸した青瓦台請願…「世論裁判場」に変質(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP