주요 기사 바로가기

韓国コスメブランドのスキンフード、法定管理を申請…韓国ロードショップブランドがなぜ?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.10 10:25
0
加盟店400店をもつロードショップコスメブランドSKINFOOD(スキンフード)が8日、会社更生法に当たる法定管理の手続きを申請した。スキンフードは「過度な債務で流動性の確保が難しく、経営の正常化のために法定管理の手続きを申請した」と明らかにした。スキンフードは海外事業権を売却してコストを減らし、正常化を図るという計画だ。

スキンフードは子会社であるアイピアリスで直接生産するが、資金難で原・副資材の受給が難しくなり工場の稼動に困難を強いられている。このため、加盟本部から製品を受けることができなかった加盟店主はオープンマーケットでスキンフードの製品を購入した後、販売している。ソウル忠武(チュウンム)店主のカンさんは「昨年1月開店以降、物をまともに受けたことがない。発注システムに入って3箱を注文したら、いつのまにか1箱に変わることが一度や二度ではなかった」として「最近、製品の90%を他のサイトで購入して売っている」と話した。

カンさんをはじめとする4人の店主は8月、スキンフードに損害賠償請求訴訟を起こした。また、チョ・ユンホ代表を含む役員4人に対して刑事訴訟を準備中だ。スキンフードマーケティング本部のチェ・ユミ常務はこれを受け「2016年、中国のTHAAD(高高度ミサイル防衛)報復以降、会社の経営状態が急速に厳しくなった」として「コストを最小化して加盟店への物品供給を最優先で解決していく」と話した。

自社の製品だけを売り場で販売する「ワンブランド」ロードショップは韓国にしかない化粧品流通システムだ。ロードショップは2000年、MISSHA(ミシャ)が3300ウォン(約330円)の化粧品を発売して市場を切り開いた。駅とのアクセシビリティと安い値段を売りにしたロードショップの化粧品は当時一般的だった訪問販売方式を押して急成長した。THE FACESHOP(ザ・フェイスショップ)・TONYMOLY(トニーモリー)・NATURE REPUBLIC(ネイチャーリパブリック)・スキンフードをはじめ、アモーレパシフィックのinnisfree(イニスフリー)・ETUDE HOUSE(エチュードハウス)もこの時作られた。
韓国コスメブラン梃のスキンフード、法定管理を申請…韓国ロードショップブランドがなぜ?(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国コスメブランドのスキンフード、法定管理を申請…韓国ロードショップブランドがなぜ?(1)

    2018.10.10 10:25
    뉴스 메뉴 보기
    ロードショップコスメブランドが集まっているソウル明洞の街(写真=中央フォト)
    TOP