주요 기사 바로가기

文大統領に会った慰安婦被害女性、「北朝鮮の慰安婦被害者に会いたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.15 09:24
0
旧日本軍による慰安婦問題を扱う映画『アイ・キャン・スピーク』の実際の主人公であり、被害生存者である李容洙(イ・ヨンス)さんは14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に願いを伝えた。「北朝鮮にいる慰安婦被害者に会わせてほしい」ということだ。

李さんはこの日午後、忠南天安市(チュンナム・チョナンシ)国立望郷の丘で開かれた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日(以下、慰安婦の日)」の初めての政府記念式で壇上に上がり感想を発表した。

自身を「歴史の生きた証人」と紹介した李さんは「27年間、雨が降ろうが雪が降ろうが日本大使館の前で真相究明と謝罪と法的賠償を要求してきた」として「そうしている間に、この前、考えもしなかった話を聞いた。政府で被害者のために追悼碑を建ててくださるというので、夢のような気がした」と話した。

李さんは「おばあさんたちが被害者であれば大韓民国も被害者で、大韓民国が被害者であればわれわれは皆被害者」とし「我が若者、学生の皆さんが大韓民国の主人だ。この土地でもう二度とあのようなことが起こらないように助けてほしい」と訴えた。

また、「私は90歳を超えたが、大丈夫だ。皆さんが力を合わせれば、私は200歳が過ぎてもこの問題を解決したい」とし「私は91歳だが、活動するにはちょうど良い歳だ。我が大韓民国の皆さんがこの大韓民国の主人だ」と話した。

李さんは「このように慰安婦問題をご存知で、大統領・夫人がこの暑い中で記念碑を建ててくださったということに対する感謝、私はあの空にあるおばあさんたちに行って伝えたい」とし「誰がこの記念碑を建てたかと尋ねてくれば、わが政府、文大統領が建ててくださったと必ず伝えたい」とした。

李さんは「文大統領にひざまずいてお辞儀をしたいが、大統領に願いがある」として「慰安婦被害者は姉妹に他ならない。北朝鮮の慰安婦被害者に会いたい。会わせてほしい」と付け加えた。

この日は慰安婦被害者である故金学順(キム・ハクスン)さんが初めて旧日本軍による慰安婦被害事実を証言した日だ。政府はこの日を旧日本軍による「慰安婦」問題を国内外に知らせ、慰安婦被害者をたたえるために国家記念日として制定した。

今年初めての記念式は追悼碑除幕式と記念式の順に行われた。慰安婦被害者追悼碑である「安息の家」は国立望郷の丘内にある牡丹(モラン)墓地に設置されて初めて公開された。国立望郷の丘は慰安婦被害者49人が安置されたところだ。

文大統領はこの日、記念式で旧日本軍による慰安婦問題に関連して「(慰安婦問題は)われら自らと日本を含む全世界が全体女性たちの性暴行と人権問題に対して深く反省し、二度と繰り返さないというかたい覚醒と教訓にしてこそ解決される問題」と話した。文大統領は「旧日本軍による慰安婦問題は韓国・日本両国間の歴史問題にとどまらず、戦時女性に対する性暴行問題、人類普遍的女性人権問題」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領に会った慰安婦被害女性、「北朝鮮の慰安婦被害者に会いたい」

    2018.08.15 09:24
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が14日、忠南天安国立望郷の丘牡丹墓地で開かれた「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」行事で慰安婦被害者の李容洙さんの手を握っている。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP