주요 기사 바로가기

有名海産物食べ放題、「食べ残しの刺身でロール巻きを作れ」食材の使い回しが問題化=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.13 11:38
0
米国で開店し、韓国首都圏にも多数のチェーン店を置く海産物食べ放題店「TODAI(トダイ)」が食材の使い回しをめぐる論争に巻き込まれた。お昼時間にお客さんが残した食材を再加工して夕方に活用したことだが、問題がないと主張していたTODAI側はその後、食材の使い回しを全面中断したと明らかにした。

12日、SBSによれば、TODAIで勤めていた調理士は「職業人としてとうてい良心が許せなかった」として食材の使い回し実態を告発した。

TODAI坪村(ピョンチョン)店では昼休みが終わった後、寿司の上に上がっていた蒸し海老、刺身などを集めてお湯からゆでる。細かく刻まれた刺身はロール巻きの中に入れるか、いなり寿司の上に上がった。売れ残った鮭も鮭ロール巻きの材料として使われ、中華料理や洋食コーナーで残った酢豚と天ぷら類もロール巻きを作る材料になった。

このように売れ残った食材でロール巻きを作るように指示されたのは団体チャットルームを通じて具体的に伝えられたという。

これを受け、TODAI側は台所総括理事がすべての支店に刺身の使い回しを指示した事実を認めながらも、お客さんが食べ残したものではなく陳列されていた食べ放題の食材をを使い回しするのは食品衛生法上問題にならないという立場だ。

TODAIの代表理事は「シェフらが刺身はたん白質も多く良い食材なのにこれを捨てるのか(として)ロール巻きに提供したという」とし「(使い回しのロール巻きには)多くの魚の種類が入っているのではないか。魚がたくさん入るとおいしい」と説明した。

しかし、食品専門家は信頼のレベルで健全だとみられないと指摘した。淑明(スンミョン)女子大学食品栄養学科のユン・ヨハン教授は「食べ残した食品を使い回しして消費者が思わぬ方法を通じて供給するのは健全でないとみられる。消費者の期待と信頼を崩すもの」と伝えた。その後、TODAI側は「食材の使い回しを全面中断した」と立場を変えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP