주요 기사 바로가기

BLACKPINK、日本初アリーナツアー「感謝の気持ちで胸いっぱい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.07.25 18:24
0
BLACKPINKが日本でアリーナツアーに入った。

BLACKPINKは24日、大阪城ホールで初のアリーナツアー「BLACKPINK ARENA TOUR 2018」を開始し、日本のファンと会った。公演会場は早朝からBLACKPINKの日本ファンで混雑し、人気を実感させた。10代のファンをはじめ幅広い年齢層のファンが集まり、公演前からBLACKPINKの登場を待つ熱気が会場に充満していた。BLACKPINKが登場すると一斉に歓声が起こった。

BLACKPINKはLED舞台セットで多彩なパフォーマンスを演出した。映像が流れ、舞台が動き、アリーナの華麗な照明がライブをさらに盛り上げた。BLACKPINKは代表曲「BOOMBAYAH」「AS IF IT’S YOUR LAST」をはじめ、全世界で大ヒット中のデビュー初ミニアルバム『SQUARE UP』のタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」まで熱唱し、ファンを魅了した。

また、メンバーの個性を生かしたソロ舞台も準備され、ワールドスターになったBLACKPINKのさまざまな魅力を感じさせた。アリーナツアー初日の舞台を終えた後、ジェニーは「本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです」と語った。ジスは「皆さんと一緒に時間を過ごせて本当に幸せで、うれしかった」、ロゼは「初のアリーナツアーで緊張し、まだ胸が震えている」、リサは「きょう皆さんの顔を見て自信を持つことができた」とコメントした。

今回のツアーは大阪で始まり、年末に大阪で締めくくられる。BLACKPINKはデビュー23カ月で京セラドーム大阪で公演する最初の海外ガールズグループとなる。7月24・25日に大阪城ホール、8月16・17日に福岡国際センター、8月24・25・26日に千葉・幕張メッセイベントホールと3都市で7回の公演をした後、12月24日には「BLACKPINK ARENA TOUR 2018 “SPECIAL FINAL IN KYOCERA DOME OSAKA」の追加公演をする。夏に続いて年末までアリーナツアーで日本のファンと会う予定だ。

BLACKPINKの日本での人気は日々高まっている。昨年7月に武道館で開かれた大規模な日本デビューショーケースで1万4000席が完売したが、チケット応募者は20万人を超えていた。BLACKPINKの日本デビューアルバムはオリコン週間アルバムランキングで1位になり、大きな関心を集めた。

先月15日に発表した初ミニアルバム『SQUARE UP』は日本でもiTunesアルバムチャート1位、オリコンデジタルアルバムチャート1位となった。こうした人気のため、BLACKPINKはタイトル曲「DDU-DU DDU-DU」の日本語バージョンが収録されたアルバムを日本で8月22日に発売する計画という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BLACKPINK、日本初アリーナツアー「感謝の気持ちで胸いっぱい」

    2018.07.25 18:24
    뉴스 메뉴 보기
    BLACKPINK
    TOP