주요 기사 바로가기

韓経:沖縄行き航空券が500ウォン…韓国LCC業界で特価競争

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.17 10:57
0
格安航空会社(LCC)が秋の航空券割引販売競争に乗り出した。

エアソウルは17日から仁川(インチョン)発那覇行き航空券を先着500人に航空運賃500ウォン(約50円)で販売する。燃油サーチャージなどを含め片道総額4万4700ウォンだ。搭乗期間は9月21日から10月27日まで。エアソウル関係者は「9月21日の那覇新規就航を記念した航空券割引行事。夏以降に顧客を誘致するため」と話した。

ティーウェイ航空も秋の乗客誘致に出た。ティーウェイ航空は16日から搭乗期間9月1日~10月31日の航空券を割引販売している。国内線は16日から、日本とオセアニア路線は17日、残りの国際線は18日から順に販売する。割引対象路線は金浦(キンポ)・大邱(テグ)・光州(クァンジュ)~済州(チェジュ)往復国内線と、仁川と大邱、釜山(プサン)、金浦、済州から出発する国際線だ。

チェジュ航空は9月1日から11月30日まで搭乗できるグアム・サイパンへの航空券を割引販売している。釜山・仁川(インチョン)からサイパンまで片道総額最低価格は11万3300ウォン、釜山~グアムが13万2600ウォン、仁川~グアムが13万9800ウォンなど。このほかホテル・リゾート宿泊とイルカクルーズ、ジャングルツアーなどの旅行商品も割引する。

エアプサンは10月1日から27日まで搭乗できる国内線航空券を割引販売中だ。片道総額最低価格は釜山~済州が2万4500ウォン、金浦~済州が2万6750ウォン、蔚山(ウルサン)~済州が2万9000ウォン、大邱~金浦が2万9800ウォンなどだ。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP