주요 기사 바로가기

<W杯>日・英・ブックメーカーすべて「韓国の敗戦」予想

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.06.27 07:44
0
韓国の痛快な大逆転はあるのだろうか。視線は懐疑的だ。

サッカー韓国代表は27日午後11時、ロシアのカザン・アリーナで2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグF組最終戦を行う。FIFA(国際サッカー連盟) 1位のドイツが相手だ。韓国は現在2敗。ドイツが第2戦でスウェーデンに勝ったことで、わずかな望みをつないだ。韓国が2点差以上で勝利し、メキシコがスウェーデンに勝つ場合、決勝トーナメント(16強)に進出することもできる。

韓国サッカーファンも懐疑的だ。海外メディアもドイツの勝利を予想している。英BBCは足をけがした韓国の主将・奇誠庸(キ・ソンヨン)の欠場、レッドカードを受けたドイツ中央DFジェローム・ボアテングの欠場など現在の状況を伝えた。そして「ドイツが2-0で勝利するだろう。メキシコとの第1戦で敗れたが、スウェーデン戦で逆転勝ちし、ディフェンディングチャンピオンの姿を確認した。これ以上の失敗はないだろう」と予想した。

日本メディアも同じだ。スポーツナビは「ドイツ、スウェーデン、韓国が勝ち点3になるのが韓国が自力で進出できるシナリオだ。これまでの2試合を見ると、韓国がドイツに勝つのは難しそうだ」と伝えた。日本がグループリーグで善戦している状況で自信を持って韓国を評価した。

英ブックメーカー(賭け屋)のラドブルックスは「韓国の2-0勝利の配当率(100/1)よりドイツの7-0勝利の配当率(80/1)が低い」と伝えた。最も配当率が低いスコアはドイツの2-0勝利だ。

ボールは丸い。異変も起こる。しかしあくまでも準備された結果だ。韓国はこれまでの2試合で屈辱的な予想を聞かなければならないプレーをした。良くなったメキシコ戦でも決定的なタックルミスをした。ドイツ戦では攻撃のチャンスは少なく、守備は何度も危機を迎えるだろう。

もちろん根拠のない希望だけで見ることはできない。2014ブラジルW杯の準決勝でブラジルを相手に7得点したドイツだ。しかしW杯での韓国戦はすべて1点差で辛勝している。結果は誰にも分からない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP