주요 기사 바로가기

「日本、拉致問題など韓国や米国に要請するのは恥ずかしいこと」…田中元審議官

ⓒ 中央日報日本語版2018.06.01 14:39
0
2002年9月に小泉純一郎元首相の訪朝を総指揮した元外務省審議官の田中均氏が30日、安倍政権の北朝鮮政策に調整が必要だと発言した。

30日、公益財団法人フォーリン・プレスセンター(FPCJ)が主催した講演会で、田中氏は「日本だけ蚊帳の外にいるのではないかと心配する必要はないが、北朝鮮戦略の再調整は必要な時点」とし「(北朝鮮に)圧力を加えながらもコミュニケーションチャネル(対話の窓口)を作ることが重要」と強調した。

続いて「(日本が直接出る前に)拉致問題のような主権に関する問題を韓国あるいは米国に頼むのは恥ずかしいこと」としながら「日本は北朝鮮と直接対話しなければならない」と注文した。

また「我々も北朝鮮を完全に信用していない以上、もし北朝鮮が非核化をしなければ、軍事的圧迫や強い経済制裁に戻らなければならない」とし「(非核化過程は)相互関係の中で行われなければならない」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP