주요 기사 바로가기

「ペ・ヨンジュンが経営14年で会社を売却した理由は…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.03.15 15:02
0
韓流スターのペ・ヨンジュンが事業家の道を歩み始めて14年で、自身が立ち上げ大きくしてきた芸能事務所キーイーストを韓国最大の企画事務所SMエンターテインメントに売却した。14日、SMエンターテインメントはキーイーストの最大株主であるペ・ヨンジュンが持っていた株式1945万5071株(25.12%)を500億ウォン(約50億円)で取得し、キーイーストの経営権を確保したと公示した。

芸能界関係者はペ・ヨンジュンが相次ぐ非難に苦しんでいたと伝えた。ある関係者は「ペ・ヨンジュンは昨年、(妻のパク・スジンに)出産特恵疑惑が浮上した時期、特に苦しんでいた」としながら「このことをはじめ、相次ぐ非難で心身共に疲れたようだ」と韓国メディア聯合ニュースを通じて伝えた。

ペ・ヨンジュンがSMエンターテインメントに会社を売却したのは、キーイーストの経営が悪化したためでないかという推測も一部から出ている。これについてキーイースト関係者は「キーイーストは借金がなく、保有現金が多い堅実な会社」と一蹴した。この関係者は「経営悪化のせいではなく、ペ氏が事業家として変化を追求することになったのではないか」とし「市場変化に伴う選択だとみている」と明らかにした。

ペ・ヨンジュンは2015年にキーイースト所属の女優パク・スジンと結婚して2016年に第一子をもうけ、現在は第二子の出産を控えている。

ペ・ヨンジュンはSMに会社を売却してキーイースト設立12年で350億ウォンの相場差益を得ることになった。芸能界は「ペ・ヨンジュンが事業家として勝負に出た」と分析した。ペ・ヨンジュンはSMエンターテインメントにキーイースト株を渡すと同時にSMエンターテインメント株も確保した。第1株主イ・スマン、第2株主国民年金に続き第3株主になった。事業家からSMエンターテインメントの株主へと身分が変わり、経営からは退くことになったが、第3株主として影響力は今後も発揮する見込みだ。

SMのキーイースト買収は最近一週間で電撃的に進められたことが分かった。このため、細部事項に対する調整は今後進められる予定だ。キーイースト子会社の運営や位置づけ、経営陣の位置づけなどはすべてその対象となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ペ・ヨンジュンが経営14年で会社を売却した理由は…」

    2018.03.15 15:02
    뉴스 메뉴 보기
    俳優で事業家のペ・ヨンジュン(写真=中央フォト)
    TOP