주요 기사 바로가기

<平昌五輪>羽生vsチェン、江陵を盛り上げる4回転対決(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.02.01 15:52
0
中国系移民の系譜を継ぐチェンがしなやかで力強いジャンプができるのはバレエと体操のおかげだ。チェンはバレエを6年も学び、7年間ユタ州の体操大会にも出場した。おかげでバレエのような優雅な動作を消化し、力強く足を真っ直ぐに伸ばすスプレッドイーグルもきれいにまとまる。チェンはジュニア時代にはジャンプに比べて表現力が足りないという評価を受けていた。だが、最近では芸術性も向上し、演技の完成度が高まった。チョン・ジェウン氏は「チェンは表現力で高い点数を取れる選手ではなかった。だが、今シーズンのショートプログラムを見ると、自分に合った構成のプログラムにしている評価を審判もしている」と伝えた。

チェンは模擬試験でもすでに羽生を2回も上回っている。昨年の4大陸選手権では羽生と正面勝負を展開して総点307.46点で303.71点だった羽生を抜いて金メダルを首にかけた。当時はショート2回、フリー4回で4回転ジャンプを一回減らしたが勝利をものにした。当時、羽生の次に登場したチェンは途方もないプレッシャーをはねのけて完ぺきな演技を見せてスタンディングオベーションを受けた。チェンは今シーズンのグランプリ第1戦でも羽生をおさえて金メダルを手にした。羽生が抜けたグランプリファイナルの優勝も当然チェンのものだった。

予想外の伏兵もいる。それが日本の新鋭の宇野昌磨(21)だ。宇野は4大陸選手権でチェンと羽生に続いて銅メダルを手にした。続いて開かれた世界選手権では319.31点で羽生に続き銀メダルを首にかけた。身長は158センチと小柄ではあるが、曲を解釈する能力と表現力は卓越している。共同通信の中嶋巧記者は「日本では羽生に劣らず宇野に対する期待も非常に高い。羽生のケガの影響で宇野の金メダルの可能性を高くみる見方もある」と伝えた。

羽生とともにブライアン・オーサー・コーチの指導を受けている欧州最強者ハビエル・フェルナンデス(27・スペイン)やソチ五輪の銀メダルリストであるパトリック・チャン(28・カナダ)、4回転ジャンプ競争の序幕を開いた昨年の世界選手権3位の金博洋(21・中国)もメダル候補だ。韓国はチャ・ジュンファン(17)がトップ10入りに挑戦する。チャ・ジュンファンは足首のケガの影響で先月の4大陸選手権には参加せず、オリンピックに向けて調整を進めてきた。男子シングルのショートプログラムはソル(旧正月)の16日午前10時、メダルの行方が決まるフリーは17日同時間に江陵アイスアリーナで開かれる。
<平昌五輪>羽生vsチェン、江陵を盛り上げる4回転対決(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP