주요 기사 바로가기

<チャイナインサイト>韓半島分割の歴史と中国の南浦-元山構想(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.01.09 16:26
0
三つ目、中国が北朝鮮の核施設を引き受け、韓米とは最短境界線を形成する分割線だ。39.5度線付近の平安北道(ピョンアンブクド)南端と咸鏡南道咸興(ハムフン)南部を結ぶもので、長さが200キロで最も短い。韓半島の「くびれた首(narrow neck)」線にあたる。

四つ目は西側の南浦(ナムポ)から東側の元山にいたる「南浦-元山」ラインだ。北朝鮮の核施設と平壌をともに掌握し、事実上、北朝鮮地域をそのまま受け継ぐのに近い。韓米との境界線は250キロほどだ。中国が最も好む案だ。これは平壌を完全に確保し、さらに南浦(ナムポ)まで得て防衛線も比較的短いという点で、緻密に準備された案とみられる。この線で中国が韓半島の南浦-元山北側を東北4省として確保しようとするだろうという懸念が提起されるだけに、我々としては徹底的な対応が必要だ。

米ソによって強要された38度線が「コリアをパスして」引かれた当時、韓国人はこれの撤廃運動に消極的だった。暫定的な分割線と考えたからだ。米中間の韓半島分割議論も急変事態を管理するための暫定的な線といえる。

しかしこの線が暫定的になることを保証する措置はない。我々の非常な努力がなければならない理由がここにある。北朝鮮に急変事態が発生すれば、その管理権は我々が握るべきだが、短期的には列強によって分割される可能性がなくはない。

国際政治の冷酷な現実は我々が決心した通りになるわけではないからだ。したがって長期的にはもちろん短期的にも中国の東北4省になるような分割がないよう、我々の緻密な準備が必要だ。

今まで北朝鮮の急変事態を云々するのは北朝鮮を刺激する可能性があり、十分に公論化できなかった側面がある。しかし今では中国の学者までが「韓半島の戦争の可能性が今のように高いことがなかった」と述べ、秘密裏に米国と勢力圏を駆け引きする時点だ。

「北朝鮮急変事態の終了後、韓国が統一を成し遂げて中国軍の完全軍撤収を誘導するには、韓国軍が北朝鮮全域を掌握して安定化する独自の作戦能力を至急に向上させなければいけない」というランド研究所の主張は、こうした側面で我々に示唆する点が多い。
<チャイナインサイト>韓半島分割の歴史と中国の南浦-元山構想(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP