주요 기사 바로가기

防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.28 14:08
0
彼らは自力でK-POP舞台の下から上へと這い上がったからこそ嘘のない心で自身が経験した青年世代の困難を歌に込める。何よりも数年間にわたる膨大な練習量で磨き上げられたパフォーマンスは職人的で洗練された完成度を見せる。もともと作曲家でラッパーで、ダンスができないと吐露するメンバーが混ざったチームがただ汗と努力で成し遂げた結果だ。このように厳しい過去を送ってきたが、彼らには後ろ向きなところはなく、舞台いっぱいに広がるビジュアルと同じくらい前向きなエネルギーであふれている。新自由主義システムが用意した無限の競争という状況を共有する世界の若者たちに、今すぐ今日ではなくても(「Not Today」)努力すれば何かを達成できるというメッセージを伝える防弾少年団は、結局努力と実力によって世界とつながった。

AMAs公演のある数日前、私はパリで学部生と大学院生の韓流ファンにインタビューしていた。好きな歌手と俳優を挙げるようにという問いに、驚くことにスーパースターやスーパーグループの名前ではなく弘大(ホンデ)前のインディーバンドや初めて聞くようなヒップホップアーティストの名前、最近見た韓国映画やドラマの演技派俳優の名前を主に挙げていた。これはパリの若い韓流ファンが防弾少年団やBIGBANG、EXOを挙げないからだとか、または東アジアのスーパースター級の俳優を知らないとか彼らの映画やドラマを見ないとかではなく、すでに韓流ファン集団の中で自分の好みに伴う差別化が進んでいるという証拠だ。韓流は今やスターに頼らなくても持続するほど成長し、韓国内で光を見ることのできない小さなグループが欧州ツアーを通じて自身の海外ファンを切り開いていっているほど全般的な大衆文化が魅力的なものとして受け入れられていた。

韓国の大衆文化が世界の中でこのように「クール」であることは事実だが、これは政府による支援の結果や意図的に生産されたものではない。長年の努力と克服によって積み上げられた韓国社会のメッセージであり、その切実さが投射された大衆文化のパワーだ。西欧のエリート記者団が聞いて好むような理論である韓流が、政府の支援による輸出型文化産業の結果で、政府の積極的な広報の効果であるという説明がこれ以上力を得ることができないことを願う。世界のどの政府も文化産業のために投資して海外進出を支援しているが、世界的な成功はこれによる効果ではない。政府は水路が流れるように手助けすることはできても、流れる水路をつくることはできない。韓国政府が韓流の持続的な発展のために何かをしようとしているなら、これまで数えきれないほど言及されているように、大衆文化の中で夢をかなえようとする若者の労働と人生の条件を改善するための基礎を政策的に整えることが最善だ。

最後に、最高のコンサート場を一つくらいは作ろうではないか。いつまでK-POPを「聞くより見る音楽」という偏見の中に自分を閉じ込めて体操競技場や演劇劇場、スポーツスタジアムで公演させているのだろうか。

ホン・ソクギョン/ソウル大言論情報学科教授
防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団に米国少女たちが熱狂する訳(2)

    2017.11.28 14:08
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団
    TOP