주요 기사 바로가기

「数多くの韓国女性映画関係者、性的暴行を受けても覆い隠してきた」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.09 08:46
0
韓国映画界における性的暴行、人権侵害に対する問題提起が本格化している。8日午前、映画界・女性界・法曹界の約10団体が弁護士・法律諮問教授など13人と共に「それは演出でなく暴力だ」と題する記者会見を行った。「映画監督キム・ギドク事件共同対策委員会」が主催したこの日の記者会見には、女性映画人会、全国映画産業労働組合、韓国性暴行相談所、韓国女性民友会、韓国女性児童人権センター、民主社会のための弁護士会などが参加した。

「映画監督キム・ギドク事件」は2013年に映画『メビウス』にキャスティングされた女優Aさんがキム・ギドク監督を先月ソウル中央地方検察庁に告訴した事件だ。8日、共同対策委は「Aさんは2013年3月に行われた撮影過程で、キム・ギドク監督に頬を数回叩かれ、シナリオにはない性的行為を強要された」と明らかにした。精神的な衝撃で撮影に最後まで参加できず、結局映画から降板したという主張だ。映画は女優を新たにキャスティングして完成され、ヴェネツィア国際映画祭にも進出する作品となった。4年間、さまざまな団体に相談したAさんは、ことし1月、全国映画産業労働組合の苦情相談サイト「映画人申聞鼓」に事例を掲載した。これを契機に各界団体と個人が集まった共同対策委員会が構成され、検察への告訴につながった。

これについて、キム・ギドク監督は今月3日に立場を表明し、「(横っ面を叩いたのは)撮影しながらこの程度すれば良いと実演を示す過程で起きたことで、正確には思い出せない」とし「いかなる場合でも、演出者の立場で映画の事実性を高めようと集中する中で起きた状況。多くのスタッフが見ている中で、個人的な感情は全くなかった」と明らかにした。

まだ検察による調査は始まっていないが、映画界を中心にこのような慣行を正そうという声が高まっている。今回の事件と同じような事例が相次いでいるためだ。昨年のいわゆる「俳優A」事件では、相手女優が事前に打ち合わせのあった内容とは違い、撮影過程で性的暴行を受けたとして俳優Aを告訴した。また、最近では女優と監督の間に露出場面の削除を巡り法的攻防が起きたばかりだ。

8日の記者会見で、全国映画産業労働組合のアン・ビョンホ委員長は「俳優A事件に続き、今回のキム・ギドク事件でも、映画を作る仕事が曖昧に認識されていることに気づいた」とし「映画製作中に暴行・強要が発生しても映画の完成度・作品性の後ろに隠されてしまう」と指摘した。また、女性映画団体「チンヌンペミ」のパク・ジェスン代表は「なぜ女優や他の製作スタッフは(作品に)どんな行為が出てきてどのように演出されるのか知らないまま撮影に入らなくてはならないのか」とし「権威的な製作環境のせいで、数多くの女優と女性映画関係者が受けた性的暴行が覆い隠された」と主張した。
「数붑くの韓国女性映画関係者、性的暴行を受けても覆い隠してきた」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP