주요 기사 바로가기

陶磁器に恋したサウジ王子「韓国の田舎で花を育てたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.09 10:44
0
「最近、韓国の陶磁器をコレクションしています。韓国の陶磁器は世界最高だと思います」。サウジアラビア観光国家遺産委員会のスルタン・ビン・サルマン委員長(61)は韓国文化に対して格別の愛情を示した。

「韓国陶磁器専門家をサウジアラビアに招き、サウジ工芸家を韓国に派遣したことがあります。私自身、陶磁器の製作過程を学びたいと思うほど、韓国陶磁器に深い関心を持っています。その経済発展にも驚きますが、韓国人特有の興味深く肯定的精神を感じることができます。時間ができたら韓国の博物館やギャラリーを見て回りたいです。現代美術にも関心があります」

スルタン委員長はサルマン現サウジアラビア国王の長男だ。9日、ソウル龍山(ヨンサン)の国立中央博物館で始まる「アラビアの道」特別展に合わせて訪韓した。古代から現代まで、サウジアラビアの歴史・文化をたどることができる今回の展示には、サウジアラビアの主要博物館から所蔵品460点余りが出品されている。サウジアラビアの文化遺産を韓国に本格的に紹介する最初の場と言える。東洋と西洋をつなぐ文化的要衝地であり、イスラムの発祥地であるサウジアラビアの過去と現在を一目で見ることができる。砂漠と原油の国に分けたサウジアラビアのもう一つの顔だ。

スルタン委員長は「サウジアラビアは山・川・砂漠に関連した文化を持っている」とし「これをベースにした観光産業はサウジアラビアで2番目に多くの雇用を創出する産業」と紹介した。

スルタン委員長の訪韓は今回で4回目だ。スルタン委員長は「数千年の歴史を基にさまざまな芸術品を誕生させた韓国のように、サウジアラビアも古代都市文明時代から多彩な文化を発展させてきた」とし「今回の展示で韓国とサウジアラビア両国がもっとよく理解し合える契機になればうれしい」と述べた。「時間ができたら韓国の田舎に行って花を育てたり、冬に雪が降る様子を見たい」とも語った。

サウジアラビアの障がい児童協会と障がい研究所も運営しているスルタン委員長は戦闘機飛行士としても有名だ。サウジアラビア空軍大佐として予備役に編入した。1985年、米航空宇宙局(NASA)スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗し、アラブ圏初の宇宙飛行士記録も樹立した。

「70年から飛行機に乗っています。操縦士資格証維持のために今でも年間600時間以上乗っています。湾岸戦争の時は軍事用ジェット機を操縦したこともあります。最近、サウジアラビアで進められている宇宙探査、宇宙探検プログラムにも大きな関心を寄せています。現在、米国に住んでいる韓国人初の女性宇宙飛行士(イ・ソヨン氏)にも会ったことがあります」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    陶磁器に恋したサウジ王子「韓国の田舎で花を育てたい」

    2017.05.09 10:44
    뉴스 메뉴 보기
    サウジアラビア観光国家遺産委員会のスルタン・ビン・サルマン委員長
    TOP