주요 기사 바로가기

中国漁船の乱獲操業…セネガルの漁師は空っぽの網を引き上げるだけ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.02 08:57
0
「過去セネガルの海にはサバ、イカ、イワシがいっぱいで、人々は十分に暮らしていけた。だがいまは漁師が空っぽの網だけをさびしく引き上げている。中国漁船の水産資源乱獲がセネガルの人たちの暮らしを厳しくしている」。

ニューヨークタイムズは先月30日、「中国が(アフリカの)漁師を崖っぷちに追いやっている」という見出しの記事を通じ中国漁船の違法操業の実態を告発した。これによると西アフリカ海域に進出した中国の遠洋漁船の3分の2が国際法を破っている。

同紙は特に中国政府の船舶に対する補助金を問題点と指摘した。船舶製作と燃料費などを支援されたために中国船舶が遠海まで出て行き乱獲しているということだ。特に海洋科学ジャーナ「フロンティア」によると、中国の遠洋漁船はセネガル漁船の1年分の漁獲量を1週間で捕獲できるほど大型化されている。小型漁船に乗って魚を捕まえるセネガルの漁師は最初から競争できない境遇だ。同紙はセネガル海域での中国漁船の違法漁獲量は年間4万トン(約2800万ドル)規模で、現地漁民の年間漁獲量の1.4倍に達すると伝えた。このためセネガルの漁師の収入は急減し、魚を蛋白質供給源としている市民の食費負担も大きくなっている。

シンガポール南洋技術大学の張宏洲研究員は、「2011年と2015年の間だけで中国政府の漁業補助金予算は3倍も増え約220億ドルに達する。これは中国地方政府が水産業者に提供する数千万ドルの補助金と税制優遇は除いた数値」と話した。
中国漁船の乱獲操業…セネガルの漁師は空っぽの網を引き上げるだけ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    中国漁船の乱獲操業…セネガルの漁師は空っぽの網を引き上げるだけ(1)

    2017.05.02 08:57
    뉴스 메뉴 보기
    韓国近海で違法操業中に取り締まられた中国漁船。(中央フォト)
    TOP