주요 기사 바로가기

「介護人が慰安婦おばあさんを暴行…『体を売ってもらった金』侮辱も」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.23 09:11
0
療養保護士(日本の介護福祉士に相当)が基礎生活需給対象者である慰安婦おばあさんに暴力を振るい侮辱したという告訴状が受理されて警察が捜査に入った。

22日、警察によると、慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)のある療養病院で療養保護士のAが介護を担当していた旧日本軍慰安婦被害女性Bさんを暴力したとする告訴状が提出された。

聴覚障害と認知症、脊椎疾患などを患っているBさんは、昨年9月から女性家族部の支援を受けながら療養病院で入院治療中だった。

Bさんの娘は告訴状を通じて、Aが「言うことを聞かない」と言ってベッドに横になっているおばあさんの額を手の平で数回叩き、この事実をめぐって言い争いになった後、先月10日にA氏が解雇されたと主張している。

また、仕事を辞めたAが「韓日慰安婦合意で支給された金は体を売ってもらった金ではないのか。恥ずかしいと思え」とBさんを侮辱する文字メッセージを送ったとしている。

告訴状にはAがいつ、何回Bさんに暴力を振るったのかについての具体的な内容は書かれていない。警察は近くAとBさんの娘を呼んで事情聴取を行った後、容疑の適用について判断する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP