주요 기사 바로가기

釜山日本領事館前の少女像を守る動きが活発に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.16 07:32
0
昨年12月30日に釜山市東区草梁洞(チョリャンドン)の日本領事館前に設置された少女像を守るための動きが活発になっている。

釜山(プサン)の大学生団体「釜山大学生ギェレハナ(=民族は一つ)」はこの少女像を守るための「番人」を募集すると15日、明らかにした。募集の対象は釜山地域の大学生または大学入学予定の高校生。

ギェレハナ側は17日までに募集を終え、18日午後12時30分に少女像番人発足式を開く。番人は週1回の教育を受け、平日・週末に2時間ずつ交代で少女像周辺の整理と訪問客に所感などを尋ねるインタビュー、少女像の意味と設置過程を解説する役割をする。希望者は電話(010-4920-5442)で問い合わせればよい。活動は市民の寄付と活動で設置された少女像を撤去・移転の心配が解消するまで安全に保護するのが目的だ。

これとは別に少女像建立推進委員会は少女像を保護するため、チョン・ミョンヒ釜山市議会議員を通じて少女像をむやみに移転・撤去できない条項などが入った条例の制定を検討中だ。少女像周辺の建物への防犯カメラの設置も推進する。

共に民主党の釜山地方議員協議会は13日に声明を出し、「釜山の自尊心をかけて守らなければいけない」とし「釜山市と東区は少女像を守るために積極的な行政努力をすることを望む」と促した。また「12日の釜山市議会臨時会本会議で少女像番人に参加すると主張したチョン・ミョンヒ市会議員を立場を支持する」とし「日本政府のむやみなやり方にこれといった対応もできない政府は非難されるべきだ」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    釜山日本領事館前の少女像を守る動きが活発に

    2017.01.16 07:32
    뉴스 메뉴 보기
    11日、釜山東区日本総領事館前の釜山(プサン)「平和の少女像」。
    TOP