주요 기사 바로가기

韓国の遠洋船社と近海船社が出会い「コリア・アライアンス」を結成(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.04 10:35
0
遠洋船社の現代(ヒョンデ)商船が近海船社の長錦(チャングム)商船・興亜(フンア)海運と戦略的提携を結んでアジア路線を共同運航する。韓国の海運会社が近海航路の競争力を強化するために一丸となった。韓国の海運歴史上、遠洋船社と近海船社が海運協力体制を結成したのは今回が初めてだ。

韓国船主協会は3日「現代商船や長錦商船、興亜海運が戦略的協力体制の「HMM+K2」を結成する了解覚書(MOU)を締結した」と明らかにした。戦略的提携は2月中に本契約締結を経て3月1日に公式発効する。契約期間は2年で、破棄しない限り、契約は自動更新となる。

遠洋船社は釜山(プサン)港や上海、米ロングビーチ港など主要港(hub port)を経由する海運会社だ。遠洋船社がこれらの港にコンテナを下せば、そこから地域港(spoke)までコンテナを運送するのは近海船社だ。海運業の歴史上、領域が多少異なる遠洋船社と近海船社が協力する場合は珍しいと言える。実際、マースクラインやCMA CGMなどが近海船社を子会社として抱えている場合はあるが、共同で路線を運航する場合はない。

海運3社がMOUを締結したのはアジア路線で韓国海運会社の競争力を強化するためだ。各社は韓-中、韓-日、東・西南アジアなどアジア全域に共同で船舶を投入する。現代商船の大型船舶を投じると、一度に運送できるコンテナの規模が増えて単価が下落する。これにより、近海船社は運賃の競争力を強化することができる。

現代商船にとっても近海船社が既に設けている近海営業ネットワークをそのまま利用することができるというメリットもある。例えば、長錦商船と興亜海運は、韓中の10路線、東南アジアの42路線を運航中だ。現代商船は追加費用なしに利用することができる。遠洋航路に投入できずにいる船舶を使うことができ、コストの競争力も改善されるものと見られる。
韓国の遠洋船社と近海船社が出会い「コリア・アライアンス」を結成(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP