주요 기사 바로가기

「スーパーマリオ ラン」がロングランできなかった理由…外信が指摘

ⓒ 中央日報日本語版2017.01.04 07:09
0
任天堂が発売したモバイルゲーム「スーパーマリオ ラン」のブームが急速に冷めつつある。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は2日、「スーパーマリオ ラン」で遊びたい人は多いが、お金を出す人が少ないモバイルゲーム市場の厳酷な現実を克服することができなかったと指摘した。

任天堂「スーパーマリオ ラン」は昨年12月15日に日本・米国・欧州など主要国家のApp store(アップル社)を通じて発売されて以降、4日でダウンロード数4000万を記録して人気を呼んだ。138カ国で無料ダウンロード順位1位を記録し、49カ国では売り上げ1位を記録した。だが、12月24日を基準に「スーパーマリオ ラン」がApp storeで売り上げ1位を記録している国は一つもない。無料ダウンロード1位も88カ国に減った。

WSJは同ゲームが急速に勢いを失っている理由について、ゲームの決済方式を指摘した。「スーパーマリオ ラン」は最初の3段階までは無料でゲームを楽しめるが、その後もゲームを続けるには10ドルを支払うという、大多数のモバイルゲームとは異なる方式を採用したと指摘した。

これに先立ち、ブルームバーグ通信も「多くのモバイルゲームは無料である代わりにゲームの中のアイテムを購入させるようにしているのが一般的」としながら「『スーパーマリオ ラン』は無料コンテンツが不足している」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP