주요 기사 바로가기

<崔順実ゲート>崔被告、大統領には「気持ちが複雑」 孫の話には涙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.27 13:07
0
崔順実(チェ・スンシル)国政壟断第6回聴聞会は「監房聴聞会」で進行された。26日、京畿道義王市のソウル拘置所収監棟の特別面会室に崔順実被告は薄い緑の囚人服を着て現れた。崔被告は国会国政調査特別委の委員らに対し、「心臓も悪く、頭も痛くて、早く行かなければいけない」と不満を表したという。

正義党の尹昭夏(ユン・ソハ)議員によると、崔被告は「私がなぜここにいなければいけないのか。聴聞会と知らずに出てきた」と話したという。共に民主党の朴映宣(パク・ヨンソン)議員が「これまで楽しく暮らしてきたのでは。ここでも特恵を受けて」と話すと、「楽しく暮らしていません」とはっきりと反論したという。また「ここは女性が多くて特恵などあれば大変なことになる。有名な人だから騒々しくなるだけで特恵はない」と話したと、民主党の孫恵園(ソン・ヘウォン)議員が伝えた。

聴聞会の後、セヌリ党の河泰慶(ハ・テギョン)議員は「崔被告は核心的な質問に対しては『分からない』『話したくない』『裁判や起訴状にある』という言葉で一貫し、自分に有利な質問にだけ答えた」と説明した。

実際、崔被告は金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長、安鍾範(アン・ジョンボム)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策調整首席秘書官、禹柄宇(ウ・ビョンウ)元民情首席秘書官、禹元首席秘書官夫人の母をすべて「知らない」と答えた。この日、南部拘置所で安鍾範被告と面会した民主党の都鍾煥(ド・ジョンファン)議員は「安被告は『崔氏を見たことはあるが実体は知らなかった』と答えた」と伝えた。2人のうち1人は嘘をついているということだ。

次は議員が伝えた崔被告との質疑応答。

--朴槿恵(パク・クネ)大統領は「国政には1%も寄与せず、目も合わせることもなく、ただお手伝いをする人」と話したが。

「そのような話をしたのか。初めて聞く」

--朴大統領との呼称は。

「(朴大統領の当選前)私は『議員様』、(朴大統領は)『崔院長』と呼んだ」

--大統領に対する感情はどうか。

「全く話したくない。気持ちが複雑だ」

--朴大統領と共謀関係で起訴されたが。

「私は認めなかった」

--ミル財団・Kスポーツ財団は本人のアイデアか。

「私はそのようなアイデアを出していない」

--韓国冬季英才スポーツセンター設立のためにサムスンから16億ウォン(約1億6000万円)を受けたが、チャン・シホ証人は『叔母がすべてしろと言った」と述べた。

「サムスンにお願いしたことはない」

--チャ・ウンテク元文化創造融合本部長はあなたに金鍾徳(キム・ジョンドク)元文化体育部長官、金尚律(キム・サンリュル)元教育文化首席秘書官を推薦したところ、本当にそうなったと述べた。

「チャ・ウンテク、コ・ヨンテ(元ザ・ブルーK取締役)を知っているが、全く事実でない」

--娘チョン・ユラの入試不正疑惑が膨らんでいるが。

「なぜ不正入学なのか。正当に入った」

--ドイツに8000億ウォン(約800億円)の借名財産があるのか。

「ドイツに一銭もない」

--あなたの机の上にタブレットPCがあったというが。

「タブレットPCでなくノートブックを主に使った。2012年にタブレットPCを初めて見て、使い方もしらない。ワードの機能がなく、次からは使用しなかった」

--セウォル号事故当日に朴大統領と電話をしたのか。

「思い出せない。昨日のことも思い出せないのにその日のことをどうやって思い出すのか」

議員らが「罪を犯してもないのに不当にここに入ってきたと思うのか」と尋ねた時は、「国民に申し訳ない」「国が正しくなればいい」という発言もしたという。「証人の拘束で娘チョン・ユラと朴大統領のうちどちらが喪失感が大きいか」という質問が出ると、「娘でしょう」とためらわず答えたという。崔被告は「チョン・ユラが心配か、孫が心配か」という質問に涙を流したと、特別委委員は伝えた。金聖泰委員長は「最後の質問で私が『朴大統領のために本人が死んでも大統領弾劾が棄却されればという望みがあるのか』と尋ねると、崔被告は答弁を明確にしなかった」と紹介した。

この日、金聖泰委員長と委員8人は崔被告に会うために収監棟を訪れたが、拘置所側が進入を認めず1時間以上も対峙した。朴映宣(パク・ヨンソン)議員はこの状況をフェイスブックライブで生中継しながら「ここは拘置所でない、崔順実保護所だ」と主張した。議員らが強く反発すると、拘置所側は結局、崔順実被告に会わせた。聴聞会は午後3時から2時間半、非公開で進行された。1997年の韓宝聴聞会当時、鄭泰守(チョン・テス)会長聴聞会は拘置所本館3階の大講堂で開かれた。収監棟での聴聞会は88年の第5共和国不正聴聞会以来だと、議員らは説明した。

崔被告の弁護人のイ・キョンジェ弁護士は「(崔被告は)裁判所の決定で非弁護人との接見交通が禁止されている」とし「憲法と刑事手続き法を正面から違反した行為」と述べた。しかし法務部側は「現行法や規定上、拘置所尋問は可能」と反論した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <崔順実ゲート>崔被告、大統領には「気持ちが複雑」 孫の話には涙

    2016.12.27 13:07
    뉴스 메뉴 보기
    金聖泰(キム・ソンテ)国政調査特別委委員長(右)と黄永哲(ファン・ヨンチョル)議員が26日、ソウル拘置所の収監棟で崔順実(チェ・スンシル)被告に会った後、収監棟から出てきている。崔被告はこの日午前に開かれた現場聴聞会には健康上の事由で出席しなかった。(国会写真記者団)
    TOP