주요 기사 바로가기

生活物価が…ビールも6%値上げ=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.23 15:49
0
今年に入って物価上昇要因はあちこちで表れている。鳥インフルエンザの影響で卵の価格は上昇が続いている。大型マートを基準にこの2週間、卵1パック(30個)の価格は平均17%上がった。しかも「1人1パック」しか購入できない。さらに済州(チェジュ)の台風被害で越冬野菜の価格が上がっている。昨年12月に比べてダイコン・キャベツ・ニンジン・ブロッコリーなどが平均2、3倍上がった。

来年1月は都市ガス・暖房料金も上がるとみられる。韓国ガス公社が産業通商資源部に「都市ガス燃料費引き上げ承認要請」をする計画だ。すべて統計庁の「消費者物価指数」に含まれている項目だ。韓国開発研究院(KDI)は来年の物価上昇率を今年より高い1.3%と予想した。

韓国銀行(韓銀)とともに物価政策を担当する企画財政部の関係者は「インスタントラーメンに続いてビールの値上げまで主要消費品目の価格が上がっているが、過去のように価格を直接統制できる方法は事実上ない」とし「企業に直接価格引き下げを強要するのは明白な違法事項」と話した。ただ、「価格談合などの要素がないか監視を強化していく」と明らかにした。

◆政府、卵買い占め調査=農林畜産食品部と公正取引委員会は卵の価格上昇に関連し、中間業者の買い占め・売り惜しみを調べる計画だ。

イ・チョンイル農食品部畜産政策官は「中間流通業者の買い占め・売り惜しみ行為に関する指摘があり、公取委と共同調査について協議している」と述べた。産卵鶏農場で生産された卵が消費者の手に渡るまでいくつか流通段階を通る。政府は中間流通業者が鳥インフルエンザによる供給不足事態を利用して暴利を得た可能性があるとみている。
生活物価が…ビールも6%引き上げ=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP