주요 기사 바로가기

弾劾に賛成の与党非朴派31人中21人「4月退陣約束なら弾劾不参加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.02 14:10
0
野党が朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する弾劾訴追案の採決をめぐり意見の対立を見せている。1日午後、野党3党代表の会合で共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表と正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表は2日の弾劾案採決を要求したが、国民の党の朴智元(パク・ジウォン)非常対策委員長は「セヌリ党非主流の不参加で可決の可能性は低い」と反対したことで、「弾劾時刻表」は本会議がすでに決まっている9日に延期されると予想された。しかし国民の党が議員総会でまた「5日の採決」を党論に決めると、民主党は2日、これを受け入れるかどうかを最終決定することにした。本会議の日程(5日)を新たに決めようとする場合、与野党の協議が必要だ。

与党セヌリ党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)院内代表は記者らに対し「5日の本会議はいけない」と拒否した。弾劾訴追案の可決のカギを握るセヌリ党非主流側の金武星(キム・ムソン)前代表も「5日の本会議での採決には応じることができない」と述べた。

セヌリ党の非主流が5日の採決に否定的であるのは、セヌリ党がこの日午前の議員総会で朴大統領の来年4月の退陣、6月の大統領選挙を党論として採択したからだ。

本会議が開かれて採決が実施されても弾劾案は議決定足数に届かず破棄される可能性がある状況だ。弾劾案の可決には野党+無所属議員(172人)のほか、セヌリ党議員28人の支持があってこそ定足数の200人を満たすことができる。

中央日報は先月22-23日、セヌリ党議員129人(離党した金容兌議員含む)全員を対象に弾劾案に対する賛否を尋ねた。当時弾劾に賛成する立場を明らかにした31人に対して今回、緊急電話アンケート調査をした結果、多数の議員が「朴大統領の4月退陣」党論に基づいて立場を変えた。野党が弾劾訴追案の採決を推進する場合は賛成するかという質問に31人のうち21人が「朴大統領が4月退陣を約束すれば弾劾案の採決で反対票を投じるか、採決に参加しない」と答えた。4人は8日まで決定を保留すると話した。朴大統領の対応に関係がなく弾劾に賛成するという議員は3人だけだった。ただ、朴大統領の明確な退陣約束を前提に採決に参加しないと答えた21人は、朴大統領が自ら立場を明らかにしない場合は弾劾に賛成するとし、2つの選択の可能性を同時に残した。

弾劾案が否決されても再採決が不可能なわけではない。国会法上「一事不再議原則」(一度否決された案件は再び扱わない)は同じ会期内に限り適用される。野党3党が通常国会の閉会(9日)後にまた臨時国会を召集すれば、弾劾案を提出できるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP