주요 기사 바로가기

韓経:米タイム誌「AI搭載のギャラクシーS8、危機のサムスン救う」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.09 13:14
0
米時事週刊誌タイムがサムスン電子のプレミアムスマートフォン「ギャラクシーS8」に人工知能(AI)サービスを適用するのは重要な戦略的変化だと評価した。ハードウェアに重点を置いたサムスン電子がAIのようなソフトウェアを強化するのは少なからず意味があると強調した。

同誌は7日(現地時間)、「Siri共同開発者がサムスンをどう助けるのか」と題した記事で、サムスン電子のギャラクシーS8戦略を分析した。SiriとはアップルのAIサービスで、サムスン電子はSiri開発者が2012年に共同創業した米国のAIプラットホーム会社ヴィブラボ(VIV Labs)を先月初め買収した。サムスン電子はヴィブラボとともにギャラクシーS8に差別化したAIサービスを適用する戦略だ。

同誌は「ヴィブラボのAI技術はアップルのSiri、アマゾンのAlexa、マイクロソフトのCortanaより性能が優れ、注目されている」とし「『あさって午後5時以降に金門橋の気温が21度以上に上がるのか』」などの複雑な質問にもすぐに答える」と評価した。続いて「ギャラクシーS8がサムスンを危機から救い出せるかどうかは、このAI技術の実用性がどの程度かにかかっている」とし「ヴィブラボのソフトウェアがギャラクシーS8の成功を助けることができるなら、これはサムスンを救うことになるだろう」という見方を示した。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)はこの日、サムスン電子がギャラクシーS8の発表を例年より2カ月ほど遅い来年4月ごろにすると予想した。同紙は「ギャラクシーノート7の発火事故でダメージを受けたサムスンは新しいギャラクシーS8を安全に出すために多くの時間が必要になるだろう」とし、このように報じた。

WSJは「その間、サムスンは毎年2月にバルセロナで開催されるモバイルワールドコングレス(MWC)で最新スマートフォンを公開してきたが、今回はその慣行が崩れるだろう」と伝えた。ギャラクシーS8の側面にAI機能のためのボタンが追加されるとも予想した。

サムスン電子の関係者は「ギャラクシーS8の発表日程は確定していないが、大幅に遅れる可能性は高くない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:米タイム誌「AI搭載のギャラクシーS8、危機のサムスン救う」

    2016.11.09 13:14
    뉴스 메뉴 보기
    ダグ・キトラス・ヴィブラボ(VIV Labs)CEO
    TOP