주요 기사 바로가기

世界トップ企業と組んで「玩具韓流」を準備する韓国企業(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.27 10:54
0
マテルも1月にディズニーの玩具製造権を米ハズブロに奪われた。業界では2014年にディズニーが玩具販売で約8200億ウォンの売り上げ(小売り価格、ユーロモニター資料)を上げただけにマテルが相当な打撃を受けると予想している。2014年基準で売り上げ6兆3000億ウォンの巨大玩具メーカーのマテルがソノコンと手を組んだのは競争力があるアジアの玩具メーカーを通じアジア市場で新たな成長動力を確保するためという分析が出てくる理由だ。

現代証券のキム・ヨンガク研究員は「マテルは女の子用玩具、ソノコンは男の子用玩具が強いだけに両社には製品ポートフォリオの側面から肯定的。アジア市場での支配力が弱いと評価されるマテルと、海外流通経験やグローバル玩具メーカーとの協業機会を積むことができるソノコンともにウィンウィン」と話した。

崔会長は一部で提起されてきた息子の会社に対する仕事の融通疑惑に対しても立場を明らかにした。一部では崔会長の息子である崔ジョンイル氏ら家族が株式100%を保有するチョイロックコンテンツファクトリーがハローカーボット、ターニングメカードを製作しこれをソノコンに高値で納品してきたのではないかと疑いの目を向けている。

崔会長は「ソノコンは玩具メーカーでは韓国唯一の上場企業で向けられる目が多い。今年初めの国税庁調査でそうではないことがすべて明らかになっており、すでに筆頭株主でもないため不当取引議論は終わりにしてほしい」と話した。一方、筆頭株主変更予定日だった21日、ソノコン側は「書類の不備で筆頭株主変更日を30日に延期する」と発表した。
世界トップ企業と組んで「玩具韓流」を準備する韓国企業(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP