주요 기사 바로가기

大阪で韓国人相手に無差別暴行

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.12 07:35
0
大阪の代表的な観光地である道頓堀で最近、韓国人観光客が相次いで「無差別暴行」を受けていたことが11日、確認された。大阪の寿司店の「外国人わさびテロ」、バス会社の「韓国人差別チケット」に続いて暴行事件までが発生し、大阪の韓国総領事館は韓国人観光客に注意を呼びかける案内文をホームページに掲示した。

総領事館によると、5日、観光客のシンさん(46)の家族が道頓堀で暴行を受けた。シンさんの家族4人はこの日午後9時45分ごろ、宿舎付近の飲食店に行っていた。シンさんはインターネットに掲載したコメントで「日本人青年2人が近づいてきて、1人が息子(13)の腹部に回し蹴りをした」と説明した。シンさんも息子を守ろうとしたところ左腕を殴られて負傷した。20代とみられる日本人の青年は暴力を加えた後にも拳を振り回すなどして威嚇した。

シンさんの家族は翌日、総領事館に行って被害を申告した。シンさんの暴行事件が伝えられた後、有名な日本旅行インターネットコミュニティーには「私も道頓堀で暴行を受けた」というコメントが追加で掲載された。総領事館は公示を通じて「道頓堀で夜間に韓国国民が被害を受ける事例が申告されている」とし「夜間に観光地を訪れる方々は安全に特に注意してほしい」と呼びかけた。

大阪の南海電車は10日、「外国人客のお客様が多く乗車し、ご不便をおかけしております」という車内アナウンスをするなど、最近、大阪で外国人嫌悪事件が続いている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大阪で韓国人相手に無差別暴行

    2016.10.12 07:35
    뉴스 메뉴 보기
    「大阪を訪問する場合は安全に注意するように」という内容を掲載した駐大阪韓国総領事館のホームページ。(ホームページキャプチャー)
    TOP