주요 기사 바로가기

<五輪柔道>アン・バウル、“天敵”海老沼に勝ったが…銀メダル

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.09 09:35
0
1/2
アン・バウルが価値ある銀メダルを獲得した。男子柔道66キロ以下級の準決勝で延長の末、日本の海老沼を破った。敗れた海老沼がアン・バウル(右)にぶらさがるような姿。(リオ=五輪写真共同取材団)
「リトル・チェ・ミンホ」アン・バウル(22、南揚州市庁)がリオデジャネイロオリンピック(五輪)男子柔道66キロ級で銀メダルを獲得した。五輪優勝の夢は果たせなかったが、「天敵」海老沼匡(26、日本)を準決勝で退け、次への期待を高めた。

アン・バウルは8日、ブラジル・リオデジャネイロのカリオカ2アリーナで行われた2016リオ五輪男子柔道66キロ級の準決勝で、海老沼と延長までもつれる接戦の末、勝利をつかんだ。5分間で勝負をつけることができなかったアン・バウルはゴールデンスコア(延長)に入って49秒後、海老沼の背負い投げを返して決勝進出を決めた。国際大会で2戦2敗という「海老沼ジンクス」を払拭する瞬間だった。「勝者は韓国のアン・バウル」という場内のアナウンスが響くと、日本柔道代表チーム選手団は一斉にうな垂れた。

海老沼は日本国内で「新星」阿部一二三(19)に惨敗した。しかし何とかリオ行きのチケットを手に入れた。「世界ランキング1位アン・バウルの天敵」というイメージと2012年のロンドン五輪で銅メダルを獲得した成績をアピールし、日本柔道協会から異例にも66キロ級の出場権を受けた。海老沼は2012ロンドン五輪8強戦でチョ・ジュンホ(30)と対戦し、釈然としない逆転判定で勝利した選手だ。

アン・バウルは準決勝で海老沼との対戦が決まると、余裕の笑みを浮かべた。海老沼が無理な減量をしたという情報をあらかじめ入手していたからだ。チェ・ミンホ代表コーチ(35)は対戦を控えてアン・バウルに「前半をうまく持ちこたえて後半に勝負をかけよう」と指示した。アン・バウルは「体重を短期間に急に落とせば持久力が落ちる」とし「海老沼の体力が落ちる後半または延長で積極的に攻撃して勝負するという計画を立ててマットに上がった」と語った。チェ代表コーチとアン・バウルの予測は的中した。海老沼は3分過ぎから疲れが見え、結局、延長でアン・バウルに敗れた。

新しく磨いた技術もアン・バウルの勝利を助けた。2年間にわたりチェコーチから指導を受けたアン・バウルは師匠の得意技、片手背負投げを身につけた。準決勝ではこの技を自由自在に駆使しながら海老沼を苦しめた。

しかしアン・バウルの挑戦は頂上の門の敷居で止まった。決勝で対戦したファビオ・バシル(22、イタリア)に一本負けを喫した。相手は世界ランキング26位とトップ圏から距離がある選手だが、決定的な瞬間に力を発揮した。

リオ五輪に向けて2014年に66キロ級に階級を上げたアン・バウルは一日5食で62キロだった体重を増やし、2階級で世界ランキング1位になった。今大会の金メダル候補として注目されていたが、五輪制覇の夢は4年後に持ち越しとなった。

アン・バウルは「準決勝で海老沼を破って浮かれていた。感情を調節しなければいけなかったが、自分も知らないうちに集中力が落ちたようだ」と話した。また「準決勝で左ひじを痛め、正常なコンディションではなかったが、これはすべて言い訳にしかならない。結果的に実力で勝負が分かれた」とし「2年後のアジア競技大会と4年後の五輪では必ず表彰台の一番上に立ちたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP