주요 기사 바로가기

<THAAD後遺症>中国、韓流もブレーキかかるか…「延期、中止、降板」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.08.05 11:21
0
#1.「不可抗力的な理由で、6日に予定されたキム・ウビンとスジのファンミーティング行事を延期します。すでに入場券を購入された方々は本当に申し訳ありません」

中国最大の動画サイトであるYOUKU(優酷)が3日午後、オンラインサイトに掲載した公式発表文だ。韓国と中国で同時放映中のドラマ『むやみに切なく』の主演2人を招いて6日に北京のオリンピック体育館でファンミーティングを開催しようとしていた計画を3日前になって突然、無期延期したのだ。主催者側は「不可抗力」と明らかにしたが、コメントしたネットユーザー1200人余りは例外なく高高度ミサイル防衛(THAAD)体系配備と関連づけた。「光電総局、よくやった」と書いたコメントも少なくなかった。光電総局は中国の放送・映画・広告などを管轄する長官級部署だ。

#2.ガールグループWassup(ワサップ)の中国公演日程も突然キャンセルになった。Wassupの所属事務所側は「5日に中国の江蘇省宿遷市で開かれる観客3万人規模のブッグスターコンサートへの出演予定が取り消しになった」と4日明らかにした。またグループSNUPER(スヌーパー)の所属事務所は「21日に予定されていた東方衛星テレビ番組『AIBB』への出演と今月末に北京のファッションブランドイベントが中止になった」として「AIBBの場合、2カ月間は韓国の歌手を交渉しないと聞いた」と話した。

韓流スターの中国公演や放送出演がキャンセル・中断になる事例が続出している。

湖南衛星テレビで放映予定の韓中合作ドラマ『相愛天使千年2』の場合は、「タレントのユ・インナが撮影をほとんど終わらせていたが出演分の全削除が避けられず、出演料・違約金の協議だけが残った状況」と関係者が明らかにした。湖北衛星テレビの芸能番組『如果愛3』の場合は、韓国の歌手キム・ヒチョルが出演した部分を削除したために分量が足りなくなり、放送予定日を延期して補強撮影に入った状態だ。正確な理由は確認されていないが俳優イ・ジュンギもビザを受けられず自身が主演した映画『Never Said Goodbye』の中国公開イベント出席が難しくなった。
<THAAD後遺症>中国、韓流も疃レーキかかるか…「延期、中止、降板」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP