주요 기사 바로가기

日本、韓国など5カ国の大使館に不法滞留者帰国に協力を要請

ⓒ 中央日報日本語版2016.06.29 13:29
0
29日、共同通信によると、日本法務省入国管理局が日本国内の韓国および中国など5カ国の大使館に不法滞留者などが自発的に帰国するよう協力してほしいと要請した。

また、自主的に出頭した不法滞留者が一定の条件を充足すれば拘束されないで出国できる「出国命令制度」の広報のために大使館ホームページで説明したりと翻訳パンフレットを配布するよう要請した。

日本入国管理局によると、日本国内の不法滞留者はことし1月1日基準で約6万3000人。このうち韓国人が約1万3000人で最も多く、中国、タイ、フィリピン、ベトナム、台湾、インドネシアの順となっている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP