주요 기사 바로가기

ベテラン女優イ・スナは意識不明、俳優チェ・ソンウォンは白血病…闘病するスターたち

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2016.05.10 16:45
0
活躍していた芸能人が病気や事故で苦しんでいる。

9日には闘病の便りが続けざまに伝えられてファンを驚かせた。個性派中年女優のイ・スナは高血圧で倒れて4日午後、ソウル市内の病院に運ばれた。9日、イ・スナの娘は韓国ニッカンスポーツの取材に対して「意識が戻らず集中治療室に移動した」と伝え、危篤状況であることを明かした。娘は「高血圧が原因」としながら「病状に大きな進展がなく心配している。病院ではひとまず1週間、病状を見守ろうとのことだ」と付け加えた。

イ・スナの集中治療室行きが家族やファンに衝撃的だったのは、彼女が最近までトークショーなどで旺盛な活動を行っていたため。イ・スナが1980年デビュー以降、個性派路線を明確にしながら活発な性格のキャラクターで人気を博していただけに彼女の健康不安は想像できないという反応が多い。イ・スナはMBC(文化放送)の『田園日記』の陽村里(ヤンチョンニ)婦女会長役やシチュエーションコメディ『アンニョン!フランチェスカ』のイ・スナ役、『思いっきりハイキック』ケ・ソンテク役などを演じ、中壮年層はもちろん若年層まで幅広い支持を受けていた。娘は「これといった持病があったわけでもなく、いつも健康だったので家族もとても当惑している」と伝えた。

イ・スナ闘病の急報に続き俳優チェ・ソンウォンの急性白血病診断の便りまで伝えられてファンを驚かせた。9日、JTBCドラマ『魔女宝鑑』制作スタッフはチェ・ソンウォン降板の便りを伝えて彼の闘病の事実を明かした。制作スタッフは「トンレ役として出演予定だったチェ・ソンウォンが今月4日、病院検査を通じて急性白血病との診断を受けた」とし「治療に集中するために降板を決めた」と明らかにした。引き続き「何より出演者の健康が優先なので、制作スタッフと協議の末、治療に専念するために降板を決めた」と付け加えた。

無名時代とミュージカル俳優を経てtvNドラマ『応答せよ1988』のノウル役でようやく光が見え始めた矢先だっただけに白血病の診断はファンを残念がらせている。チェ・ソンウォンの主治医は「神が助けてくれた」と伝えてファンを安心させた。この主治医は「初期に発見されたことは天運に近い」とし「『急性』なので文字どおり急激に悪くなるかもしれない半面、反対にそれだけはやく良くなるかもしれない状態だ。病気に対する克服意志が誰よりも強いだけに、早く回復するとものと期待している」と伝えた。これに対しチェ・ソンウォンの所属事務所側は「現在、チェ・ソンウォンの白血球の数値は安定していて病状は非常に好転している」とし「好転でなく完治を目指している」として1年間の暫定的な休息を決めた。また、『魔女宝鑑』側は13日の初放送を控えて台本修正作業に入り、チェ・ソンウォンの撮影分である2話まではそのまま放送する予定だ。

この2人に先立ち交通事故で肝を冷やした歌手のパク・ヒョンビンは幸い快方に向かっていることを伝えた。パク・ヒョンビンは先月29日午後8時30分ごろ、全羅北道扶安郡チュル浦面(チョルラブクド・プアングン・チュルポミョン)の西海岸(ソヘアン)高速道路上り93キロメートル付近の木浦(モクポ)基点でトラックや乗用車などによる玉突き事故に巻き込まれた。パク・ヒョンビンが乗っていた車両は1車線を走っていたが25トントラックの後を走っていた車両が2車線から突然1車線に割り込んできたため、その車両を避けようと急ブレーキを踏んだパク・ヒョンビンの車両が事故に遭った。事故当時、助手席に乗っていたパク・ヒョンビンは右足骨折で手術を受けた。

パク・ヒョンビン側は9日、ニッカンスポーツの取材に対して「パク・ヒョンビンは車椅子に乗って移動すること以外に日常的な対話や生活には全く問題がない。多くの方々が心配してくださったおかげで早く回復している」と伝えた。また「会社の立場では完全に回復してきちんと治療された状況でステージ復帰することを原則考えている。そのため一切のスケジュールをキャンセルして治療に集中している」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ベテラン女優イ・スナは意識不明、俳優チェ・ソンウォンは白血病…闘病するスターたち

    2016.05.10 16:45
    뉴스 메뉴 보기
    女優のイ・スナ(左)と俳優のチェ・ソンウォン
    TOP