주요 기사 바로가기

韓経:韓国型ロケット、初のエンジン燃焼試験

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.05 08:35
0
国内の技術で開発する韓国型ロケット(KSLV-2)の75トン液体エンジンが初めて火を噴いた。韓国航空宇宙研究院(航宇研)は3日、全羅南道高興(コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターで、75トン液体エンジンの最初の燃焼試験を成功裏に終えたと4日、発表した。

韓国型ロケットは3段型ロケットで開発される。75トン液体エンジン4基からなる1段目、75トン液体エンジン1基で製作した2段目、7トン級液体エンジンを搭載した3段目で構成される。政府は2019年と2020年に3回、韓国型ロケットを打ち上げる計画だ。燃焼試験を始めた75トン級の液体エンジンはロケットを宇宙に押し上げる核心技術の一つ。

この日午後7時15分に始まった最初の燃焼試験は1.5秒間だった。航宇研エンジン開発チーム25人は1キロほど離れた統制棟でモニターを通じて状況を見守った。この日、最初の燃焼試験に使われたエンジンは歴史的な最初の75トン級エンジンという意味で「75tエンジン1G」と名付けられた。1は最初、Gは地上用モデルを意味する。

キム・ジンハン航宇研発射体エンジン開発団長は「燃焼試験中のエンジン主要構成品の温度、圧力などを分析した結果、ほぼ安定的に作動した」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP