주요 기사 바로가기

エクアドルでも強震…230人以上が死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.18 08:42
0
熊本県の地震に続き南米エクアドルでもマグニチュード7.8の強い地震が発生した。エクアドル政府は現地時間17日、少なくとも233人が死亡し、約1500人が負傷したと発表した。AP通信によると、地震は16日午後6時58分に首都キトから北西に170キロメートル離れた太平洋沿岸で発生した。地震が夕方に発生し救助作業が遅れていることから、当初77人と集計された死亡者数は夜が明けて230人以上に急増した。米地質調査局は震源の深さは19.2キロメートルで比較的浅かったと明らかにした。

イタリアを訪問中だったエクアドルのコレア大統領は急きょ帰国し、国家非常事態を宣言した。震源に近い海岸都市ペデルナレスの市長はBBCに「まともな家屋はひとつもない」と惨状を伝えた。

14日にマグニチュード6.5の地震が発生した熊本では16日もマグニチュード7.3の強震が発生した。2回の地震で最小41人が死亡し1000人余りが負傷した。エクアドルと日本は「火の輪」と呼ばれる環太平洋火山帯に属している。最近環太平洋火山帯では強震が相次いでいる。14日には南太平洋のバヌアツ共和国でマグニチュード6.4、15日にフィリピンのミンダナオ島沿岸でマグニチュード5.9、17日に南太平洋のトンガでもマグニチュード5.9の地震が起きた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP