주요 기사 바로가기

【噴水台】慰安婦被害者追悼施設、真珠湾に答えある

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.18 07:41
0
米国ハワイの人口140万人のうち約23%が日系という。観光客のうち日本人が占める比率も高いため、日本語だけを話しても生活に大きな支障はないという冗談も出てくるほどだ。そのようなハワイでも日本語がほとんど聞こえないところがある。「真珠湾歴史区域」だ。1941年12月7日に日本が敢行した真珠湾攻撃で米軍2386人が戦死し、18隻の艦船が沈没した現場だ。このうち1177人の戦死者を出して沈没して最悪の被害を受けた戦艦「アリゾナ」は、引き揚げ過程の危険性のために海に沈んだまま記念館の一部になった。

興味深いのはアリゾナ記念館の隣の博物館だ。戦争の惨状を伝えると同時に「日本の視点(View from Japan)」というコーナーを設置している。全体博物館の約20%に該当する比率で日本が真珠湾攻撃を計画した背景を扱った。1941年当時に米国が日本に石油の輸出を中断したのが日本を刺激したという内容だ。博物館の関係者は「米国の一方的な主張だけを反映するのではなく、歴史的な客観性を高めるため」と説明した。

最近、米国務省教育機関東西文化センターのプログラムでここを訪問した日本人の参加者はこのように述べた。「来る前は日本に対する感情的非難一色で私まで批判の対象にならないか怖かったが、来てみると客観性まで徹底的に考えているところがさらに怖かった」。

米国の徹底した態度は戦艦「ミズーリ」の配置で分かる。「ミズーリ」とはどんな戦艦か。米国が日本の真珠湾攻撃で無事だった「ミズーリ」を東京湾まで送り、降伏文書にサインさせた歴史の象徴だ。この「ミズーリ」は「アリゾナ」が沈没したところを見下ろす場所に停泊している。歴史を忘れないという無言のメッセージだ。

韓国の場合はどうか。昨年12月28日に韓日が慰安婦問題で合意したが、「最終的で不可逆的な合意」ということ以外には被害者補償案や追悼施設など具体的な内容すべてが五里霧中だ。この渦中に日本文部科学省が18日に教科書検定調査審議会を開く予定で、慰安婦関連記述を縮小させる可能性もあるという懸念が出ている。韓国がより迅速かつ徹底的に動かなければいけない理由だ。追悼施設と被害者補償にも冷静かつ徹底的、積極的に働きかける必要がある。追悼施設建設の青写真も迅速に出さなければいけない。客観性を担保できる徹底的な記録の場にするために額を突き合わせるべき重大なことであるだけに、機敏に動かなければいけない。真珠湾が示しているように記録は記憶を支配するためだ。

チョン・スジン政治国際部門記者

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP