주요 기사 바로가기

開発費27兆ウォン「チャンスの地」に韓国はいない(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.02.01 10:27
0
キングダムシティはドバイ・カタールをのぞいて中東の中心都市に発展するという野心に満ちた戦略を持っている。彼らの自信には理由がある。まずチェダンは人口が400万人に迫り、レバノン全体の人口と釣り合う。イスラムの2大聖地であるメッカ・メディナを訪れる流動人口を合わせれば規模面でドバイ・カタールを圧倒する。また昨年、外国人投資家に開放されたサウジ証券市場(時価総額5700億ドル)は中東で最も大きい。外国人投資が集まれば中東の金融ハブに成長する可能性が充分だ。ムニブ・ハムードJEC代表は「キングダムシティを国際的な面目を保った中心都市として開発するのが私たちのビジョン」と話した。

中国は一帯一路戦略の中東の拠点としてチェダンに関心を寄せているようだ。19日、アルワリードに会った習近平中国国家主席はチェダンに「サウジ-中国自由貿易地帯」を作るために100億ドルを投資すると提案したといく。ただすべての資金決済を人民元(RMB)で行うという条件を掲げたという。習近平の「経済策士」である劉鶴・財経中央指導小組主任のアイデアだ。

原油価格の暴落で昨年のサウジの財政赤字は980億ドル(117兆6000億ウォン)に達した。今年の年末のサウジの純海外資産は1386億ドルに減る展望だ。

 
サウジも石油以後の時代に備えている。2005年から2024年まで経済発展の長期戦略により石油化学・自動車・家電・金属など製造業はもちろん金融・医療・教育に大規模投資を進行中だ。リヤドのキング・ハーリド国際空港は旅客処理能力を現在より2倍に増やすためにターミナル新築工事を行っている。サウジは韓国にとってチャンスの地だった。1976年に現代(ヒョンデ)建設が獲得したサウジのジュベイル産業港工事は当時、国家予算の4分の1に匹敵する外貨(9億3114万ドル)を稼いだ。だがチェダンのキングダムシティの現場に韓国の建設業者は1社も見られなかった。2005年李海チャン(イ・ヘチャン)首相の中東5カ国歴訪に同行した時の韓国企業の活躍はまぶしいばかりだった。ドバイのブルジュ・ハリファを建設したサムスン物産とチェダンで淡水化プラントを作った斗山(トゥサン)重工業のエンジニアなどを見て胸が熱くなった記憶が今も鮮やかだ。今チェダンのキングダムタワーは、サウジのビンラディングループが施工する。ビンラディングループはすでにメッカのカアバ神殿前の別名「クロック・タワー」(120階)を施工した経験がある。私たちが知らない間にほかの国々の競争力が激しく追い上げてきたのだ。昨年の韓国の海外建設の受注額は461億ドルにとどまった。中東だけで148億2000万ドルが減った。イ・クォンヒョン対外経済研究院亜中東チーム長は「海外建設も今や設計・調達・施工(EPC)だけを行う段階から、投資や事後運営の管理も責任を負うディベロッパー段階に発展させなければならない」と話した。(中央SUNDAY第464号)


開発費27兆ウォン「チャンスの地」に韓国はいない(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP