주요 기사 바로가기

「韓国、米中対立構図を変えるゲームチェンジャーになるべき」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.11 08:14
0
「韓国は米国と中国の対立構図を変化させるゲームチェンジャーにならなければいけない」。

マルティ・ナタレガワ元インドネシア外相は9日、ソウル中区のホテル新羅でインタビューに応じ、「米国・中国と親しい韓国は両強大国を和解に導く懸け橋の役割をすることができる」と強調した。また「南シナ海事態などで韓国が米・中間に挟まれてどちらか一方に肩入れすることができないジレンマに陥ったという分析があるが、見方を変えれば韓国は両国をともに引き込むことができる有利な立場にある」とし「韓国が米・中に対して受動的になる場合、『クジラの間に挟まれたエビ』の状況だが、両国が和解するよう積極的に行動する時、韓国の位置づけはそれだけ高まり、国際的な影響力も拡大するだろう」と述べた。

ナタレガワ前外相は9、10日にホテル新羅で開催された「Jグローバル-チャタムハウスフォーラム2015」に出席するために訪韓した。ナタレガワ前外相は2009-2014年にインドネシア外相を務め、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国間の武力使用拒否と葛藤の平和的解決原則を盛り込んだバリ宣言3に寄与した。ナタレガワ前外相は2013年、20カ国・地域(G20)加盟国のうち中堅国(middle power)のメキシコ・インドネシア・韓国・タイ・豪州5カ国で構成されたMIKTAの創設に中心的な役割をした。英ケンブリッジ大で哲学修士、豪州国立大で哲学博士学位を取得した。以下は一問一答。

--韓国の場合、安保は米国、経済は中国に依存しているが、南シナ海事態で米中関係が円満でなく悩みとなっている。

「南シナ海事態は東アジアの覇権をめぐる両強大国の勢力争いといえる。両国はグローバル問題の解決策になるべきだが、むしろ問題になっている。米中は軍事的緊張を高めているが、偶発的な衝突が発生すれば事態が手の施しようもなく膨らむ可能性がある。韓国を含む国際社会は両強大国が対決に向かわないよう導かなければいけない」

--韓国は米・中に比べて弱小国だが、どのように米・中の和解を導けるか。

「軍事力・経済力を基準に国力を比べる時代は過ぎた。今はイシュー別に国力が変わる。韓国はグリーン技術と韓流をはじめとするソフトパワーですでに強大国だ。韓国・インドネシアなどは国際社会が従うべき規範・規則を作るのに主導的な役割ができる。米・中もこの規範・規則に従うようにし、予測可能な国際秩序を作らなければいけない」
「韓国、米中対立構図を変えるゲームチェンジャーになるべき」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国、米中対立構図を変えるゲームチェンジャーになるべき」(1)

    2015.11.11 08:14
    뉴스 메뉴 보기
    マルティ・ナタレガワ元インドネシア外相
    TOP