주요 기사 바로가기

【社説】聞き流せない景気急冷の警告=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.11.10 14:08
0
韓国経済がさらに悪くなる恐れがあるという警告があふれている。国策研究機関である韓国開発研究院(KDI)からして最近、経済条件を反映して今年5月に出した今年の展望値(3.0%)を引き下げる予定だという。当初KDIは構造改革が振るわなければ今年2%台に急落すると警告したが良くなっていないのだから当然のことだ。来年の成長率は金俊経(キム・ジュンギョン)KDI院長が先月の国政監査で「今年より少し良くなる程度」と言及していた。せいぜい2%台の中後半だという話だ。

民間経済研究所の展望はさらに憂鬱だ。政府は来年3.3%成長を「期待」するが、民間研究所は2.6~2.8%を予想している。海外IBのコンセンサスも2.9%だ。今年の成長予想値2.4~2.6%よりはましだと自ら慰めるべきだろうか。それもそのはず、今年の世界経済を抑え込んでいた悪材料がすべて進行形なのだ。ムーディーズが挙げた資本変動性、中国経済の鈍化、米国の金利引き上げ、地政学的不安など4大威嚇要素が来年にもそのまま影響を及ぼす展望だ。こうなれば2012年以降5年のうち4年を2%台の低成長(昨年だけ3.3%)に苦しむ局面だ。

「3%成長」がこれほど高く見えたこともない。もちろん昨年はセウォル号、今年はMERS事態など予想できない悪材料もあった。だが景気不振を突発的な悪材料のせいにするには構造的問題があまりにも多い。労働改革、企業構造調整などしっかり行われていない。3年にわたり国会で遮られた経済活性化法案は色あせた写真の姿だ。輸出が導いて内需が後にともなう成長公式まで崩れている。今年、不動産取引が生き返ってそれなりに内需に息の根が開いていなかったら一層墜落しただろう。

韓国経済は主エンジン(輸出)が故障して補助エンジン(内需)でかろうじて低空飛行している姿だ。ところがこれさえも不安だ。住宅供給過剰の憂慮の中で建設・不動産景気まで消えれば内需も期待するものがない。その上、看板企業が兆ウォン単位の赤字だ。製造業の売り上げは1961年からの韓国銀行の統計作成以来、初めての減少(マイナス1.6%)となり、「ゾンビ企業」は3000社を超える。決して一時的な停滞ではない。どこにも支えになる所がない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP