주요 기사 바로가기

<プロ野球>斗山、通算3度目の優勝 ウッズはMVPに

2001.10.28 21:13
0
「黒熊」斗山(トゥサン)ベア-ズが6年ぶりに韓国シリーズの頂上に立った。

28日に蚕室(チャムシル)球場で行われた三星(サムソン)fn.comプロ野球韓国シリーズ第6戦は、タイロン・ウッズの場外2点本塁打など熾烈な接戦となったが、8回裏に沈哉学(シム・ジェハック)の犠飛で決勝点を挙げた斗山が三星ライオンズを6-5で下した。

準プレーオフとプレーオフを経て韓国シリーズに進出した斗山はシリーズ戦績4勝2敗を記録、82年と95年に続いて通算3回目の優勝を飾った。

一方、第6戦で場外本塁打を放つなど6試合で23打数9安打(3割9分1厘)、4本塁打、8打点を記録したウッズは、韓国シリーズ最優秀選手に選ばれて1000万ウォンの賞金を獲得した。

ウッズは98年正規シーズンのMVP、2001年オールスター戦のMVPも獲得しており、プロ野球史上初の「トリプルクラウン」を達成した。

一方、正規シーズン1位で韓国シリーズに直行した三星は再び「秋の球宴」で涙をのんだ。

三星は元年の82年、84年、86年、87年、90年、93年に続く7回目の韓国シリーズだったが、すべて準優勝に終わっている。

ヘッテ時代に9回にわたり韓国シリーズの優勝カップを手にした三星の金応竜(キム・ウンリョン)監督は、韓国シリーズ10回目の挑戦で初めて挫折感を味わった。



最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP